1. 廃車買取りの廃車王
  2. 廃車王のお役立ち情報
  3. 廃車の手続き・書類
  4. 廃車手続きしないとどうなる?不要になった車の処分方法も紹介

廃車手続きしないとどうなる?不要になった車の処分方法も紹介

使用期間が延びると、車は徐々に劣化します。一方で劣化した車を廃車するにはさまざまな手続きが必要になるため不安を感じ、放置したままにしているという方もいるのではないでしょうか。

しかし、乗らない車を放置したままにすると、不要な支出が発生したり思わぬトラブルを招いたりする恐れがあります。そこでこの記事では、廃車手続きしない場合のデメリットや廃車手続きを進めるときの流れをご紹介します。使用していない車をお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。

廃車手続きしないとどうなる?税金面のデメリット

使われなくなった車を放置すると、税金に関するデメリットが発生します。使用していないにもかかわらず、課税されたり受け取れたはずの還付金が戻らなくなったりする可能性もあるでしょう。

乗る予定がない車をお持ちの方は、早めの廃車手続きを検討することがおすすめです。ここでは、廃車手続きを行わなかった場合の税金上のデメリットについて解説します。

課税対象になる

車を所有している人に課せられる税金のひとつは、自動車税です。軽自動車については、自動車税の代わりに軽自動車税を納めます。

自動車税は、4月1日時点での車検証上の所有者に対して課せられれる税金です。使用の有無にかかわらず、運輸支局などに登録を行っている車を所有している場合には、指定された期日までに納めなければなりません。

関連記事
自動車税を滞納・未納でも廃車に出来る?

還付金が減っていく

税金は年単位などの期間分を前払い方式でまとめて支払うため、廃車手続きを完了すると、残り期間分の税金の還付を受け取れます。自動車税は向こう1年分を前払いで納める税金です。

このような税金は廃車手続きを済ませると、納めた分のお金が戻ります。ただし、自動車税の還付は月割りで計算されるため、月が変わると受け取れる還付金が減ってしまうのです。

車検時に納める自動車重量税や自賠責保険についても、還付金の対象になっています。ただし、自動車税と同じように、廃車しないまま放置すると受け取れる還付金が減ってしまうので注意が必要です。

関連記事
廃車時に戻ってくる還付金とは?自動車税・重量税・自賠責の返金手続きを解説

廃車王ならどんな車も
0円以上の高価買取!

廃車王では買い取りした自動車をロスなくパーツ・部品・金属資源に換え、利益を得ているため、お客様に大幅還元致します。

さらに廃車王なら、
嬉しい3つの無料があります。

  • 面倒な廃車手続きをすべて無料で代行
  • 車の引き取りにかかる費用も原則無料
  • キャンセル手数料も無料
最短20秒!キャンセル無料!
WEB無料査定を申し込む

廃車手続きしないとどうなる?車体のデメリット

車を持っている方々の中には、将来の使用予定を考慮して廃車手続きしていない方がいるかもしれません。しかし放置期間が長い場合は、一度手放して必要になったときに新しい車を用意するのもひとつの方法です。

車を所有していると、使用の有無に関係なく維持費が発生します。加えて、経年劣化が進むと、車そのものの価値が徐々に下がるでしょう。ここでは、廃車手続きしない場合の車体に関するデメリットについて詳しく解説します。

所有するだけで経年劣化や維持コストが発生する

車は定期的に使用しないと、エンジンオイルの酸化が進んだりバッテリーが自然放電したりと徐々に劣化してしまいます。また、車を保管するには駐車場が必要です。駐車場を借りている場合には、毎月の駐車場代を支払わなければなりません。

車を放置したままにすると車検が切れてしまうため、再び公道を走行するには継続車検を受けなければなりません。車検を受けるには、車検費用を支払い必要があります。

新しい車に比べて性能が低くなる

車の性能は年々進化を遂げており、放置したまま月日が経った古いモデルは新しく登場したモデルに比べて性能的に劣ってしまう可能性があります。古い車を維持する場合、安全性能への注意が必要です。

各自動車メーカーでは先進の安全装備を搭載していますが、古い車については以前のバージョンが搭載されていたり、安全装備が搭載されていなかったりする可能性もあるでしょう。

2021年には、衝突被害軽減ブレーキが義務化されました。緊急時にブレーキを自動的に作動させるシステムですが、古いモデルについては衝突被害軽減ブレーキを搭載していないかもしれません。

車の価値が低くなる

年式の古い車は、新しい車と比較すると価値が低い傾向にあります。使用年数が長いほど、エンジンをはじめとした各種パーツの劣化が進む傾向があり、パーツの劣化が進むと耐久性や走行性能に影響がおよびます。状態が悪くなると車としての価値がなくなり、買取や下取りに出しても価格が付かないかもしれません。

加えて、年式の古い車の場合はパーツの生産が終了しているケースもあります。修理しようとしても、パーツが手に入らないかもしれません。希少車などで高く評価されることもありますが、一般的には時間の経過と共に価値が減っていくと考えておくと良いでしょう。

廃車手続きにおける2つの方法

使用していない車を所有している場合には、早めの廃車がおすすめです。一方で廃車する機会は少ないため、具体的な方法までは分からないという方もいるのではないでしょうか。

車を廃車する際の選択肢は、永久抹消登録と一時抹消登録の2つです。状況によって必要な手続きが異なるため、前もって確かめておきましょう。ここでは、それぞれの登録手続きについて詳しく解説します。

永久抹消登録

永久抹消登録とは、車の使用予定がない場合に行う手続きのことです。自然災害や事故による損傷などで車が使用できなくなった場合についても、永久抹消登録の手続きを行います。

永久抹消登録を済ませると、該当の車には二度と乗ることができません。

軽自動車については、永久抹消登録の代わりに解体返納の手続きが必要です。永久抹消登録の受付場所は現住所を管轄する運輸支局ですが、軽自動車については最寄りの軽自動車検査協会で手続きします。

関連記事
廃車手続きにかかる日数とは?煩雑な手続きを手軽に0円で済ませるための方法!

一時抹消登録

一時抹消登録とは、車の使用を一時的に中止する際に行う手続きのことです。海外出張や長期の入院など、何らかの理由で車を利用しないときに手続きを行います。

一時抹消登録を済ませると、自動車税の納税義務が発生しません。ただし、公道が走れなくなるため、再び公道での走行を予定している場合には中古車新規登録の手続きを行います。

軽自動車の場合は、一時抹消登録の代わりに一時使用中止の手続きが必要です。各手続きは永久抹消登録と同じように、管轄内の運輸支局や最寄りの軽自動車検査協会で行います。

廃車手続きにかかる費用はどのくらい?

廃車手続きを行う際に、どのくらいの費用がかかるのかが気になる方は多いのではないでしょうか。廃車手続きでは、手数料や手続きに関する費用がかかります。ここでは、永久抹消登録と一時抹消登録の手続きにかかる費用の目安をご紹介します。

永久抹消登録でかかる費用

永久抹消登録や軽自動車の解体返納にかかる申請手数料は無料です。ただし、永久抹消登録では車の解体が必要になり、解体に伴う費用が発生します。

使用済みの車を解体する際にかかる費用の目安は0円~2万円です。また、車を解体する際にはリサイクル料金が発生します。

リサイクル料金は新車購入時に所有者が支払う仕組みになっており、解体時には支払いが発生しないようになりました。ただし、2005年以前に車を購入しており、車検時にリサイクル料金を納めていない場合にはリサイクル料金が発生します。

故障や車検切れなどで公道を走行できない場合には、積載車による移動が必要です。依頼先によっては車の移動における必要が発生します。

一時抹消登録でかかる費用

一時抹消登録の申請手数料にかかる費用は、普通車で350円です。軽自動車の一時使用中止についても350円の費用がかかります。

一時抹消登録や一時使用中止でかかる費用の総額が安いのは、車の運搬や解体の必要がないからです。また、一時抹消登録した車を再び登録する場合、登録手数料の納付が必要です。普通車の場合、700円ほどの登録手数料に加えて検査手数料がかかります。

関連記事
廃車費用はいくら?手続きにかかる料金·相場·無料で処分できる方法

廃車手続きの基本的な流れ

廃車手続きを検討する場合には、事前に流れを把握しておくと、スムーズに手続きが進めやすくなるでしょう。ここでは、永久抹消登録と一時抹消登録の手続きの流れについて解説します。

永久抹消登録での基本的な流れ

永久抹消登録の手続き流れ

永久抹消登録では車の解体が必要です。前もって解体作業を依頼する業者を選定しておきましょう。解体作業が終了したら、廃車手続きで必要となる書類を用意します。

解体作業の際には、ナンバープレートを受け取っておきましょう。永久抹消登録では、ナンバープレートの返却が必要になるからです。書類を準備したら管轄内の運輸支局で必要書類を提出します。

最後に、自動車税事務所で自動車税や自動車重量税の還付手続きを行いましょう。自治体によっては、手続き不要で還付金を受け取れます。

関連記事
軽自動車の廃車手続き!個人でする3つの方法と必要書類や費用相場まで詳しく解説!

一時抹消登録での基本的な流れ

一時抹消登録の手続き流れ

一時抹消登録では、はじめに必要書類を準備しましょう。一時抹消登録でも、ナンバープレートの返却が必要です。車の前後に取り付けられているナンバープレートを外しておきます。

書類をそろえたら、管轄内の運輸支局での手続きが必要です。窓口で追加書類を受け取ったら、事前に用意した書類と一緒に提出しましょう。

一時抹消登録が完了すると、登録識別情報通知書という書類を受け取れます。登録識別情報通知書は再登録で必要となるため、紛失しないように保管しましょう。最後に自動車税還付の手続きを済ませたら、手続きは終了です。

廃車王ならどんな車も
0円以上の高価買取!

廃車王では買い取りした自動車をロスなくパーツ・部品・金属資源に換え、利益を得ているため、お客様に大幅還元致します。

さらに廃車王なら、
嬉しい3つの無料があります。

  • 面倒な廃車手続きをすべて無料で代行
  • 車の引き取りにかかる費用も原則無料
  • キャンセル手数料も無料
最短20秒!キャンセル無料!
WEB無料査定を申し込む

不要になった車を廃車する方法

廃車手続きを進める際の選択肢には、自分で行ったり廃車買取業者を利用したりする方法があります。

不要になった車を廃車する際には、事前に処理方法を決めておきましょう。廃車は個人でも手続きできますが、時間や手間がかかります。

一方で業者に依頼すると、スムーズに手続きを進められるでしょう。ただし、業者によってかかるコストが異なるため、慎重な業者選びが重要です。ここでは、不要になった車を廃車する方法について解説します。

個人で手続きする

廃車手続きは個人でもできる手続きとなっており、運輸支局や軽自動車協会へ必要書類を提出すれば手続きが行えます。一方で個人による廃車手続きは運輸支局などの対応時間内で動かなければならないため、スケジュール調整や手間がかかるのも特徴です。

加えて永久抹消登録では、車の解体が必要です。個人で車を解体するとリサイクル法違反や廃棄物処理法違反に該当してしまうため、車を解体するには業者への依頼が必要です。状況によっては高額な処分費用や手数料がかかる可能性もあるため、慎重に検討しましょう。

関連記事
廃車手続きは他県ナンバーでも可能?必要な書類とは?

廃車買取業者を利用する

廃車手続きの代行を行っている業者は複数ありますが、廃車買取業者なら手続きの代行に加えて廃車をお金に変えられるのでおすすめです。

廃車買取業者では不要になった車を仕入れとして買取を行っており、買取後は解体した車からパーツや素材を取り出し、リサイクル品して再販しています。廃車手続きの代行や車の引き取りを無料対応している店舗であれば、自走できない車でも手放しやすくなるでしょう。

関連記事
廃車手続きの代行とは?代行にかかる費用や流れ、必要書類をご紹介!

面倒な廃車手続きは廃車王にお任せ!

廃車手続きをして車を手放したいと思うときは、ぜひ廃車王へご相談ください。自動車リサイクル業界で国内唯一、経済産業大臣の認可を受けた事業協同組合の組合員が対応しています。

どのような状態の車も0円以上の買取が可能です。廃車王は仕入れとして廃車の買取を行っており、解体後の中古部品や資源から利益を生み出しています。

来店不要で廃車にできる

廃車王ではWebをはじめ、電話やLINEによる見積もりに対応しています。ご連絡いただければお客さまにご指定いただいた場所まで引き取りに伺うため、来店せずに車を売却できます。

引き取り時にかかる費用は原則無料で対応していますが、積載車が入れない場合などは対応しかねる場合があるため、お気軽にご相談ください。また、キャンセル手数料も無料です。

買取した車の廃車手続きも無料で対応しており、税金の還付に関するご案内も行っています。

廃車買取の流れは簡単5ステップ

廃車王の買取システムは5つの工程で完了します。最初にWebや電話で無料査定を依頼します。査定額にご納得いただいた場合、次にお引き取り日の決定です。その後はお引き取り日までの期間に、廃車に必要な書類を準備します。書類の準備については廃車王がご案内するため、ご相談前に分からなくても大丈夫です。

お引き取り日には、積載車を使ってお客さまの車を預かります。廃車王で解体や書類の手続きを済ませたら完了です。最後に、買取金額をお客さまの口座にお振り込みします。

廃車手続きに関するよくある質問

不要になった車を所有している場合は、廃車手続きしないとさまざまなデメリットが発生します。廃車手続きには一時抹消登録と永久抹消登録があるため、状況に合わせて選択しましょう。ここでは、廃車手続きに関する2つの疑問についての答えをまとめました。

廃車するならなるべく早いタイミングが良い?

車を処分したときは、早めの廃車が適切です。税金や駐車場代など、車の維持にかかるコストを抑えられます。

廃車するならどの方法が良い?

なるべく費用をかけずに廃車を手放したい方は、廃車買取業者の利用を検討しましょう。古い車も買取が可能で、廃車における手続きの負担を軽減できます。

まとめ

使用していない車を所有している場合には、早めの廃車を検討することがおすすめです。廃車手続きをしないままにすると、経年劣化によって不具合が生じたり、車自体の価値が低くなったりします。

廃車をお考えの方は、ぜひ廃車王にご相談ください。廃車王ではどのような車でも0円以上での買取が可能です。廃車の引き取りや廃車手続きの代行など、一貫したサポートを行っているため、お気軽にご相談ください。

廃車王ならどんな車も
0円以上の高価買取!

廃車王では買い取りした自動車をロスなくパーツ・部品・金属資源に換え、利益を得ているため、お客様に大幅還元致します。

さらに廃車王なら、
嬉しい3つの無料があります。

  • 面倒な廃車手続きをすべて無料で代行
  • 車の引き取りにかかる費用も原則無料
  • キャンセル手数料も無料
最短20秒!キャンセル無料!
WEB無料査定を申し込む