廃車手続きを自分でやる方法とは?手順やお得に廃車する方法も解説

2022年1月11日 廃車手続き

「廃車=解体・スクラップ」と思わっている方も多いのではないでしょうか。しかし、これは間違った認識です。廃車とは、手続きをして車の戸籍(車籍)が失われたときに「廃車」となります。今回は廃車の手続きを自分で行う方法から廃車に関する基礎知識まで、詳しく紹介します。

 

廃車とは車籍の抹消

廃車と聞くと、この先乗ることはない車を「解体する」という印象を持たれるかもしれません。しかし、廃車の本来の意味は「車籍を抹消して公道で走れないようにすること」です。

書類による正式な手続きを完了させ車の登録情報を消すことで、車の戸籍(車籍)が失われ「廃車」となります。そのため、乗らないからと放置する、手続きはせず解体だけをすることは廃車にしたとはなりません。

放置した期間も自動車税が発生します。年度が変わるタイミングには課税され、その後納付書が届くため注意が必要です。なお、廃車の手続きは廃車する車や理由などによって種類が異なります。普通自動車の廃車方法は以下の通りです。

自分で普通自動車を廃車する方法
  • ・永久抹消登録
  • ・一時抹消登録

 

廃車での永久抹消登録とは?

ここでは、もう乗らない普通自動車を廃車にする「永久抹消登録」の方法や費用、手続きの流れを解説します。

 

永久抹消登録の意味

すでに解体してしまった車、事故や災害で使用できなくなった車、二度と乗らない車など、車としての価値がなくなった車両は最終的に廃車するしかありません。

車籍を消し解体処分を行い、実名ともに抹消することを「永久抹消登録」といいます。永久抹消登録は普通自動車での名称で、軽自動車の場合は「解体返納」と呼ばれ手続きする場所や手順が多少違っています。

 

永久抹消登録の費用と揃える書類

永久抹消登録を自分で行う場合、現住所を管轄している運輸支局にて永久抹消登録を行います。自分で永久抹消登録を行う場合、以下の費用と書類が必要です。

費用 必要書類
・廃車取引費用(0~3万円程度)
・解体費用(0~2万円程度)
1.永久抹消登録申請書
2.所有者の印鑑証明書(3か月以内)
3.所有者の委任状(所有者の実印の押印)
4.ナンバープレート(前面と後面の2枚)
5.車検証
6.「解体報告記録日」と「移動報告番号」
7.手数料納付書
8.OCR申請書(第3号様式の3)
9.自動車税(種別割・自動車環境性能割)申告書 (地域によっては不要)

必要書類の中の移動報告番号とはリサイクル券番号のことを指し、解体報告記録日は依頼した業者から連絡を受けたときのメモ書きで問題ありません。

また、車検が1か月以上残っている場合は、重量税還付の申請をする必要があるため、所有者のマイナンバー、振り込み口座情報などの書類が必要となります。

 

永久抹消登録の手順

永久抹消登録の手順は以下の通りです。

1.車の解体
解体業者を選んで依頼し、車の解体を行なってもらいます。

2.ナンバープレートを取り外す
この後の手続きに必要となるため、取り外したら大切に保管しておきましょう。

3.必要書類を揃えて、運輸支局へ手続きに行く
住んでいる地域の管轄である運輸支局へ手続きに出向きます。

4.ナンバープレートの返却
返却すると、手数料納付書に返納確認印が押されます。

5.書類一式の提出
揃えた書類に不備がないか確認し、提出しましょう。

6.税事務所へ永久抹消の申告・税金還付の手続きを行う
永久抹消の申告書を提出することで、抹消登録をした翌月から3月までの自動車税が月割り計算され、後日還付されます。

地域により税事務所への申告が不要となる場合があるため、あらかじめ窓口で確認しておきましょう。また、手続きを行う運輸支局は平日しか開庁していません。

 

廃車での一時抹消登録とは?

ここでは、理由により普通自動車を一時的に廃車にする「一時抹消登録」の方法や費用、手続きの流れを解説します。

一時抹消登録の意味

海外出張などで長期間に渡り車を使用できない場合や、盗難に遭ってしまった場合でも、登録車である限り自動車税や保険料は発生します。

しかし、一時抹消登録を行うことで抹消している期間中の自動車税を一時的にストップすることができます。永久抹消登録を行うと再び乗ることはできませんが、一時抹消登録では「中古車新規登録」を行うことで再び公道を走ることが可能です

もう一度乗る可能性のある車であれば廃車し永久抹消登録するのではなく、一時抹消登録を行うとよいでしょう。「一時抹消登録」は普通自動車での名称であり、軽自動車の場合は「一時使用中止」と呼ばれ、手続きする場所などが多少違いますので注意が必要です。

一時抹消登録の費用と揃える書類

一時抹消登録を自分で行う場合、永久抹消登録と同様に現住所を管轄する運輸支局で手続きを行います。

費用 必要書類
・一時抹消登録手数料(350円程度) 1.所有者の印鑑証明書(3か月以内のもの)
2.所有者の委任状
(所有者の実印の押印があるもの)
3.車検証
4.ナンバープレート
5.手数料納付書
6.OCR申請書(第3号様式の2)
【一時抹消登録欄にチェック】
7.自動車税・自動車取得税申告書 
※地域によっては不要

車検証に記載されている所有者の氏名や住所が異なる場合は、別途以下の書類が必要となるため、確認しておきましょう。

・所有者の氏名が異なる場合、戸籍謄本(3か月以内のもの)
・所有者の住所が異なる場合、住民票(3か月以内のもの)

一時抹消登録の手順

一時抹消登録の手順は、以下の通りです。

1.業者で廃車車両の解体
解体業者を選び、解体を行ってもらいます。

2.ナンバープレートを取り外す
永久抹消登録と同様に返納しなくてはならないため、大切に保管しておきましょう。

3.必要書類を揃えて運輸支局へ行く
地域の管轄である運輸支局で手続きを行います。

4.ナンバープレートの返却
保管しておいたナンバープレートを返納し、手数料納付書に確認印を押してもらいます。

5.書類一式の提出
書類を一式提出すると「登録識別情報通知書」が交付されます。

6.税事務所へ一時抹消の申告
税事務所に申告を行います。この申告は地域によって不要となる場合があるため、事前に問い合わせしておくとよいでしょう。

以上で一時抹消登録が完了します。運輸支局は平日しか開庁していないことや、月末になると人が多く書類の提出や通知書の交付に時間がかかる点に注意しましょう。

 

廃車にするなら廃車買取業者に任せた方が安心

自分で廃車の手続きを行う際は、書類の手配から運輸支局へ行き申請をするなど全て自分で行わなくてはなりません。書類に不備があると再度出直すことにもなります。

さらに運輸支局は平日のみの開庁となっているため、仕事をしている人は平日に休みを取る必要が出てきます。手続きに行く日にち・時間帯によっては混んでいることもあり、待ち時間が長くなることも考えられるでしょう。

廃車の手続きを間違いなく完了するためは、廃車買取業者に任せることをおすすめします。廃車王では、不要となった車の高価買取から書類の申請、手続き、引取りまで原則無料で代行を行っています。

 

廃車のお悩みは廃車王まで!

廃車王は全国に約150店舗あり、国内の自動車リサイクル業界で唯一の事業協同組合として経済産業大臣の認可を受けていることが強みです。

廃車手続きが難しくて分からない方でも、書類手続きを無料で代行し、必要書類についても丁寧にご説明いたします。

廃車となる車を部品ごとに解体しリサイクルを行うことで利益を得ているため、下取りでお値段がつかなかったお車でも買取が可能です。

 

まとめ

動かない車や車検が切れて乗ることができない車を解体しただけでは廃車したことにはなりません。運輸支局で手続きを完了させ、車藉を抹消することで初めて廃車となります。

普通自動車を廃車する方法には「永久抹消登録」と「一時抹消登録」があり、どちらも運輸支局での手続きが必要です。その際には、時間と手間がかかることを念頭に置いておきましょう。

廃車王では不要となった車の高価買取はもちろん、面倒な書類手続きなど原則無料で代行いたします。必要書類も廃車王担当店が分かりやすくご説明いたしますので、時間がない方や忙しい方はぜひご利用ください。

 

 

関連する人気のおすすめ記事

2022年1月11日
事故に遭ってしまった車は廃車にする?対処法と費用をかけずに廃車する方法
事故に遭ってしまった車は、修理して乗り続ける・乗り替えるという選択肢がありますが、どちらを選ぶか悩む方も多いので……
車を売るタイミング

2022年1月10日
自動車税は廃車にすると戻ってくる?4月に廃車にした場合は?
4月に乗る予定のない車は、自動車税の還付手続きを行わなくて済むよう、早めに廃車にしておくことをお勧めします。もち……
廃車と税金

2020年10月15日
廃車にした車を再登録する方法は?
一時抹消登録した廃車を再登録することを中古車新規登録と言います。この中古車新規登録は、結構手間のかかるもの。複数……
廃車と税金

2020年10月15日
廃車売却と自分で手続、どっちがお得?
不要になった廃車を売却するにはいくつかの方法があります。中古車販売業者やディーラーに依頼する、廃車買取業者に売却……
廃車の基礎知識

2020年10月15日
トラックを廃車にしたい!費用はどのくらい?
トラックを手放したいけれど、廃車にするのは面倒だと感じている人は、たくさんいるのではないでしょうか。実はトラック……
こんなとき廃車にできる?

NGP廃車王

0120-86-8140

電話対応満足度90.4%!

電話受付 9:00~22:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

廃車手続き無料で代行!レッカー引き取り無料

0120-86-8140

無料査定

メニューを閉じる