軽自動車、何年乗り続けられる?長持ちさせるためには

2021年12月10日 車のあれこれ

普通車に比べると車体価格も比較的リーズナブルな軽自動車は、燃費や税金などの維持費も安く幅広い層から選ばれています。

軽自動車は、どの位乗ると「乗りつぶした」ことになるのでしょう?メンテナンスをしっかりと行えば10年以上乗り続けることができますので、長持ちさせるコツについても紹介します。

軽自動車の寿命 乗りつぶすには?

「軽自動車は普通車に比べて、寿命が短い」といわれています。どのくらいで乗りつぶすといえるのでしょうか?目安となる走行距離と年数をお伝えします。

普通自動車の車の寿命は、メンテナンスを欠かさずていねいに乗っていた車であれば、一般的には15~20年が目安となります。走行距離であれば、15万~20万キロほどが目安となります。

軽自動車は、ボディサイズの制限があり、なおかつ低燃費を実現させるために軽量化した車であるために、普通車よりも各部品の耐久力が犠牲になっています。
そのため、寿命は普通車の70~80%程度といわれていますので、軽自動車では新車登録から12年、走行12万キロが目安です。

実際には、オイルなどの消耗品や必要な部品を定期的に交換し、メンテナンスをきちんと行うことで、新車から20年、走行20万キロに達してもまだまだ走れます。

軽自動車協会のHPによると、2020年の軽自動車の平均使用年数は、15.20年です。
年々、平均使用年数は右上がりに伸びていっています。
これは、部品の精度が格段に向上し、軽自動車でも耐久性が向上していっている点が大きな理由と考えられます。

とはいえ、「修理や部品交換で修理代が高くなり、故障リスクが高くなる」頃があります。

新車が販売されてから、車の関連部品が製造廃止となるのは、10年程度とされています。

それ以降は新たに部品が製造されずに、部品在庫はどんどん減少していきます。

そのため、修理や部品交換が必要になった場合には、部品を確保することが難しくなるため、修理代が予想以上に高くなることも考えられます。その状態までいったら、「乗りつぶした」といって良いでしょう。

 

車を手放すタイミング

車を手放す主なタイミングとしては、4つあります。メンテナンス費用負担と車買い替えのメリットを検討した結果、車検が切れるタイミングで乗り換える方が多いです。

・車の買い替え査定
車の価値は5年で半額、10年でほぼ0になってしまいます。買取の価値があるうちに買い替えを考えるのは、経済的なメリットがあります。

・自動車税のアップ
新車登録から13年を超えた車は、自動車税・自動車重量税が高くなります。さらに13年目だけではなく、18年目からも税額がアップします。

・部品交換の費用
10年、10万km超えの車の交換部品としては、タイミングベルトを始め交換が必要になる部品が増えます。また、部品の経年劣化で燃費が悪くなるでしょう。

・車検を迎える
車検費用は、部品代の交換が必要になるほど高くなります。車検直前なら、車検代を払う前に手放すことができます。

 

長持ちさせるためのコツ

普通車に比べてやや短くとも、せっかく購入した軽自動車の寿命を伸ばすためのコツがあります。

車体としての寿命は、「メンテナンスを欠かさずに行う」「ていねいに運転する」にかかっています。

 

◎メンテナンスで交換をした方がいいもの
 エンジンオイルの交換
 タイヤ交換
 CVTフルードの交換

◎ていねいな運転
 急発進はせず、「走り出しはゆっくり」
 急発進・急加速・急ブレーキ・急ハンドルなどはNG

 

お気に入りの車のメンテナンスをしっかりやることで、長く乗り続けることができます。

一方、走行距離が長くなったり年数が経過するほど、車は劣化していき、故障するリスクも高まり、修理に出す頻度も多くなりがちです。

車の寿命は、車の使用状況やメンテナンスで大きく違ってきますが、その車を維持することがコスト面で見合わないと所有者が判断して、手放す決意をした時といえるのではないでしょうか?

この記事の監修者

廃車王編集部

廃車の高価買取サービスを提供する廃車王の編集部です。
廃車王では廃車や事故車を高値で売るためのノウハウや、廃車に関連する手続きなど知るとオトクな情報を幅広く掲載しており、 皆さまの廃車に関する不安や悩みを長年培ったノウハウや知識で解消いたします。

関連する人気のおすすめ記事

2022年1月9日
廃車になりやすい車種はスポーツカー?維持費も高くて割高?
走行性能が高いスポーツカーは軽快な走りを楽しめるのが魅力です。しかし、スポーツカーは廃車になりやすいことをご存じ……
車のあれこれ

2022年1月9日
水没車は修理できる?費用の目安と廃車の判断基準は?
予期せぬ自然災害などで車が水没してしまった場合、修理をすることができるのでしょうか。答えは「修理できる」です。 ……
こんなとき、廃車にするには?

2022年1月9日
車を廃車にする時に保険はどうする?手続き方法と必要書類を解説
車両の保有に必要不可欠なのが、自賠責保険や任意保険です。万が一の事故に備えて車の購入時に加入する人が多い保険ですが、……
廃車Q&A

2022年1月8日
廃車に印鑑証明はいらないの?用意する際の3つの注意点
廃車を検討している方のなかには、廃車時に印鑑証明書は必要なのかと疑問に感じている方もいらっしゃるのではないでしょ……
廃車の手続き・書類

2022年1月8日
軽自動車の廃車で還付金はある?受け取る条件やポイントを解説!
軽自動車は普通自動車と同様で、維持していくためには自動車税や自賠責保険料を決められた期間ごとに支払う義務があります。……
廃車と税金

NGP廃車王

0120-86-8140

電話対応満足度90.4%!

電話受付 9:00~22:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

廃車手続き無料で代行!レッカー引き取り無料

0120-86-8140

無料査定

メニューを閉じる