廃車手続きにかかる日数とは?煩雑な手続きを手軽に済ませるためには?

2021年4月14日 廃車の手続き・書類

廃車手きにかかる日数とは、1~3日もしくは3~10日と手続きの種類や時期によって異なります。

廃車手続きするには、必要な書類をそろえたり陸運局へ行ったりと、何かとやることが多いため、手間や時間がかかるものです。

今回は、廃車手続きにかかる日数や、手続きを手軽に済ませる方法などについて解説していきたいと思います。

 

廃車手続きには2つの種類がある

一言で「廃車手続き」と言っても、廃車には「一時抹消登録」「永久抹消登録」の2つの種類があります。

一時抹消登録とは、一時的に登録を停止する際に行う手続きのことで、長期での海外出張や入院などの場合に行います。一方の「永久抹消登録」とは、文字通り永久的に解体してしまう場合に行う手続きのことです。

 

廃車手続きにかかる日数は?

一時抹消登録と永久抹消登録にかかる日数は、それぞれ次の通りです。

 

廃車(一時抹消登録)手続きにかかる日数

自分で一時抹消登録を行う場合にかかる日数は、1~3日程度です。

一時抹消登録の場合は、車を引き渡したり解体する必要がないため、永久抹消登録よりも短い日数で完了しますが、廃車手続きを行う陸運局の窓口は平日の日中しか開いておらず、土日や祝日、年末などは受け付けていませんので、手続きを行うタイミングによっては時間がかかる場合もあります。

 

廃車(永久抹消登録)手続きにかかる日数

自分で永久抹消登録を行う場合にかかる日数は、3~10日程度です。一時抹消登録よりも長い期間が必要となるのは、車を引き渡し手解体するまでの時間がかかるからです。

車を解体すること自体は最短1日で可能ですが、解体する工場が混雑している場合には順番待ちとなるため、日数がかかる場合があるのです。

 

廃車手続きにかかる日数を短縮するには?

廃車手続きを行うための陸運局の窓口が開いているのは平日の8:45~16:00、さらに土日や祝日などは受け付けていないため、手続きのための時間がなかなか取れないという方も多いのではないでしょうか?

廃車手続きにかかる日数をできるだけ短縮するためには、運輸局が混雑する月末や年度末、自動車税の切り替わりの時期などを避けることがおすすめです。

また、廃車手続きそのものを業者に代行してもらうことも、一つの方法です。廃車買い取り業者に依頼すれば、運輸局での事務的な手続きはもちろん、不要となった車の搬送、解体まで無料で行ってもらうことが可能です。

また、廃車買い取り業者では、年式の古い車やボロボロの事故車であっても、部品や使用されている鉄やアルミなどに値段をつけて買い取りしてくれます。

手間や時間を省くことに加えて、廃車同然の不要な車を買い取りしてくれるとなれば、利用しない理由はないですよね。

 

まとめ

今回は、廃車手続きにかかる日数や、手続きを手軽に済ませる方法などについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

廃車手続きには手間や時間がかかることから、つい腰が重くなりがちですが、業者に依頼して代行してもらうことで、さっと手軽に済ませてしまいましょう。

 

関連する人気のおすすめ記事

2021年4月26日
廃車買取のメリットとは?中古車買取・下取りとの違いとは?
廃車買取のメリットとは、手間や時間、費用をかけずに廃車にすることができたり、他の処分方法よりもお得に廃車にするこ……
廃車の手続き・書類

2021年4月14日
廃車手続きに必要な印鑑証明とは?取得方法や注意事項を押さえておきましょう
普通車の廃車手続きに必要な印鑑証明とは、住んでいる市区町村の役場に登録されている印鑑が本物であることを証明する書……
廃車の手続き・書類

2021年4月14日
廃車手続きに必要な委任状とは?書き方の注意点・その他に必要な書類について
廃車の手続きに必要な委任状とは、業者などの第三者に陸運局での手続きを委任する際に作成する文書のことです。委任状は……
廃車の手続き・書類

NGP廃車王

0120-86-8140

電話受付 9:00~22:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

廃車手続き無料で代行!レッカー引き取り無料

0120-86-8140

無料査定

メニューを閉じる