1. 廃車買取りの廃車王
  2. 廃車王のお役立ち情報
  3. 廃車の基礎知識
  4. トヨタディーラーの廃車費用はいくら?無料で手続きする方法とは?

トヨタディーラーの廃車費用はいくら?無料で手続きする方法とは?

所有している車の廃車を予定しているときに、相談先の候補としてディーラーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。相談先選びは、費用や手続きの進めやすさに関わる大切な要素です。

新車のトヨタ車へ乗り換える予定がある方や、廃車予定の車がワンオーナー車であれば、購入時に利用するディーラーで廃車したいと考えることもあるでしょう。この記事では、トヨタディーラーの廃車費用の目安や無料で手続きする方法を紹介します。

トヨタディーラーの廃車費用はどのくらい?

トヨタのディーラーでは廃車の買取を実施していませんが、処分の相談は可能です。ただし、状況によって対応や発生する費用が異なります。ここでは、トヨタディーラーの廃車費用に加え、新車や認定中古車の購入を前提とした処分における費用について解説します。

廃車費用は数万円かかるのが一般的

ディーラーで廃車を依頼する際にかかる費用の目安は3万円~です。車を廃車するには、車の引き取り、廃車手続きの代行、解体などの工程があります。例えば、レッカー車や積載車を手配した際の費用の目安は1万円です。ただし、保管場所からの移動距離が離れている場合、より高額な費用が発生するかもしれません。

廃車の手続き代行費用とは法的に廃車する際にかかる費用のことです。一般的にディーラーへ廃車を依頼する場合、少なくても1万円くらいの費用がかかります。

また、廃車を解体する際には、法律に従って適切に処分しなければなりません。解体にかかる費用の目安も1万円~が一般的です。廃車ではさまざまな費用が発生するため、これらの費用を合わせると数万円の出費となるでしょう。

関連記事
廃車費用はいくら?手続きにかかる料金·相場·無料で処分できる方法

買い替える場合は請求されない可能性がある

ディーラーでの新車購入や車の買い替えを検討している場合、廃車費用が免除される可能性があります。トヨタディーラーを含む多くのディーラーでは、新車の販売や認定中古車の販売に力を入れているのが理由のひとつです。買い替えを促進する目的で、廃車費用の免除などのサービスを提供している店舗があります。

そのため、ディーラーで車を購入するときの乗り換えとして廃車を希望する場合、下取りとしての引き取りが可能となる可能性があるでしょう。

下取りとは使用済みの車を新車購入の代金の一部と相殺して手放すことで、購入価格を抑えられる方法のことです。下取りには一定の条件があるため、ディーラーでの廃車を検討している方は、下取りの可否について事前に尋ねておくと良いでしょう。

関連記事
スクラップした車の買取相場とは?廃車=スクラップではない?お得に車を手放す方法!

廃車費用がかかってもトヨタディーラーに依頼するべき?

トヨタ車から新しいトヨタ車への乗り換えを検討する際など、トヨタディーラーに廃車を依頼したいと思うかもしれません。ただし、状況によってはディーラー以外の選択肢が適しているケースもあります。ここでは、ディーラーに廃車を依頼する場合のメリットとデメリットをご紹介します。

ディーラーに廃車を依頼するメリット

ディーラーに廃車を依頼するメリットのひとつは安心感です。トヨタをはじめとした大手自動車メーカーは、長年にわたり築いてきた信頼と実績があります。一貫した品質とサービスを用意しており、スムーズな廃車手続きを期待できるでしょう。

また、状態の良好な車の廃車をディーラーへ依頼した場合、廃車せずに認定中古車として手放せる可能性があります。高額な下取り価格を提示された場合、下取り価格の分、車の購入価格が割引されるため、金銭面の負担を軽減できるでしょう。

ただし、認定中古車として認定されるには、一定の条件を満たしている必要があります。廃車を検討する状態の車であれば、当てはまりにくいかもしれません。

ディーラーに廃車を依頼するデメリット

ディーラーに廃車を依頼するデメリットのひとつはコストの高さです。ディーラーの廃車手続きは、他の選択肢に比べると費用が割高になる傾向にあります。ディーラーが解体や引き取りの設備を持っていない場合、外部の業者に廃車を依頼しなければなりません。状況によっては、中間マージンが発生する可能性もあります。

ディーラーに廃車を依頼する際のもうひとつのデメリットは、引き取り拒否のリスクです。事故で大きく損傷した車や走行距離が長く年式の古い車の場合、廃車としての引き取りを断られることがあります。

ディーラーに廃車を依頼する際には、廃車の可否を確かめておくと良いでしょう。状態が悪い車や特殊な条件の車を廃車にする場合、他の業者の利用をおすすめします。

関連記事
ディーラーの下取りや買取で0円査定を受けたときの対処法

ディーラー以外でトヨタ車を手放すと廃車費用は安くなる?

廃車の手続きが行えるのは、ディーラーに限ったことではありません。選ぶ選択肢によって、廃車にかかる費用も異なれば労力も異なるのが特徴です。ここでは、トヨタ車を廃車する際のディーラー以外の相談先として「自分で廃車手続きを行う」「行政書士に廃車手続きを依頼する」「廃車買取業者に手続きを依頼する」という、3つの選択肢を紹介します。

自分で廃車手続きを行う

自分で廃車手続きを行うメリットは、費用を抑えられることです。廃車手続きの代行費用がかからないため、ディーラーに依頼するときよりも安く済ませられます。

一方、自分で手続きする場合には書類の手続きに時間がかかるかもしれません。書類手続きは陸運支局や軽自動車検査協会で行いますが、営業時間は平日のみに限られています。一度で全ての手続きが完了しない場合、何度も足を運ぶ必要が生じるかもしれません。

状況によっては、仕事や他の予定に影響を及ぼす可能性があります。加えて、自走できないときは積載車などの手配、解体作業の依頼先探しなどの対応も必要です。

行政書士に廃車手続きを依頼する

行政書士に依頼するメリットは、スムーズな廃車が可能なことです。行政書士は書類の代書ができ、廃車で必要となる手続きを任せられます。

車の名義人が亡くなっている場合の相続手続きや車の所有履歴が不明瞭な場合など、複雑な手続きを要する際には便利です。一方で、廃車手続きを行政書士に依頼すると代行費用が発生します。できるだけ廃車手続きにかかる費用を抑えたい場合、別の選択肢が適しているかもしれません。

廃車買取業者に手続きを依頼する

廃車買取業者に手続きを依頼する際のメリットは、費用の軽減です。ディーラーでは価格が付かない車でも、廃車買取業者なら高価買取が目指せます。車としての価値が失われた車両から利益を生み出せる再販するルートを持っているためです。

また、廃車買取業者は廃車に関する専門的な知識を持っているため、複雑な手続きが伴う場合でもスムーズに進められるでしょう。廃車にかかる費用をできる限り抑えたい方や手間をかけずに車を手放したい方には、廃車買取業者が適しています。

関連記事
廃車買取相場の目安はいくら?高価買取を狙うための3つの売却先もご紹介

廃車王ならどんな車も
0円以上の高価買取!

廃車王では買い取りした自動車をロスなくパーツ・部品・金属資源に換え、利益を得ているため、お客様に大幅還元致します。

さらに廃車王なら、
嬉しい3つの無料があります。

  • 面倒な廃車手続きをすべて無料で代行
  • 車の引き取りにかかる費用も原則無料
  • キャンセル手数料も無料
最短20秒!キャンセル無料!
WEB無料査定を申し込む

トヨタ車の廃車費用が気になるときは還付金も確認しよう

トヨタ車の廃車を進めるときは、還付金を受け取れる可能性があります。還付金は前払いしていた税金や保険料から、廃車によって納めすぎになったお金の払い戻しのことです。

還付金の受け取りが可能であるのかについては、廃車時の車両の状態や依頼先の対応によって異なるため、前もって確認しておくと良いでしょう。

税金の還付

車を廃車する場合、自動車税種別割と自動車重量税の還付が可能です。自動車税種別割とは、4月を起点として1年分を先払いする税金のことで、廃車手続きを行った翌月から次の3月までの未使用分が月割りで還付されます。自動車重量税とは、新車購入時や車検時に納める税金のことです。廃車手続きを行った場合、車検が残っている期間に応じて還付が受けられます。

似ている名前であっても、軽自動車を対象とした軽自動車種別割については還付の対象外です。ただし、自動車重量税については、軽自動車でも還付金を受け取れます。

関連記事
自動車税の還付とは?還付金を受け取れる条件・手続きについてご紹介

保険の還付

自賠責保険と任意保険についても、保険会社で手続きを行うと還付金の受け取りが可能です。自賠責保険の有効期間が1か月以上残っている場合、未使用分の保険料が還付されます。還付金を受け取るためには、保険会社の窓口での手続きが必要です。登録事項等証明証や保険証明書などの書類を用意して手続きします。

任意保険についても、契約に基づいた還付金の受け取りが可能です。契約内容や等級に応じて還付額が異なり、高い等級を持っていると還付金額が増える可能性もあります。ただし今後も他の車を利用する予定がある場合、任意保険は解約せずに中断制度を使うと良いでしょう。

関連記事
廃車にすると自賠責保険が還付される!返金額や手続き方法を解説

トヨタ車の廃車は廃車王にお任せ!

トヨタ車の廃車を検討されている方は、ぜひ廃車王へご相談ください。全国で利用できる廃車王は自動車リサイクル業界で国内唯一、経済産業大臣の認可を受けている事業協同組合が運営しています。

Webサイトの査定フォーム、電話やLINEでも査定申込が可能なため、お気軽にご相談ください。ここでは、廃車王の魅力を紹介します。

0円以上の買取で対象の還付金も受け取れる

廃車王ではどのような状態の車も買取を行っており、廃車も不動車も仕入れとして0円以上の価格提示を行っています。

廃車は車としての価値が無い状態でも、リサイクルパーツや素材としての価値を生み出すことが可能です。廃車王は廃車の買取から廃車手続き、リサイクルパーツや素材の販売を行い、利益を得ています。

また、これらの工程を自社対応することにより中間マージンを削減できるため、ディーラーや中古車販売店に比べて高い買取価格の提示ができる仕組みです。還付金が受け取れる状態の車両であれば、買取価格とは別に還付金をお受け取りいただけます。

SDGsにも積極的に貢献

廃車王はSDGsを支援しており、2005年に施行された自動車リサイクル法「使用済み自動車の再資源化等に関する法律」を順守しています。使用済み自動車から始まる「持続可能な社会の実現」へ向けて、さまざまの取り組みをしているのが特徴です。

廃車王では使用済み自動車からのリユース部品の回収と適正なリサイクル処理を行っており、CO2削減が可能となっています。不要になった車を廃車王へお任せいただければ、廃車王を通じて持続可能な社会の実現へ貢献いただけます。

トヨタディーラーの廃車費用についてよくある質問

木製 ビジネスイメージ Q&A

トヨタ車をディーラーで廃車する際には、相談前に把握しておきたい点があるかもしれません。必要書類や還付金の取り扱いなど、気になる点は予め確認しておくと、依頼先が選びやすくなるでしょう。ここではトヨタディーラーの廃車費用についての疑問をまとめました。

ディーラーでの廃車登録に必要な書類はありますか?

ディーラーに永久抹消登録の廃車手続きを依頼する際には、車検証・印鑑証明書・申請書・手数料納付書に加えナンバープレートや印鑑などが必要です。また、廃車手続きを第三者が行う場合には、委任状を用意する必要があります。

ディーラーでの廃車は還付金を受け取れますか?

車を廃車した場合、自動車税種別割や自動車重量税などの税金や保険料の還付の受け取りが可能です。ただし、ディーラーに依頼すると、受け取れる還付金が手続き代行費用と相殺されることもあります。還付金の有無を確かめたい方は、廃車する前に尋ねておくと良いでしょう。自賠責保険や任意保険については、保険会社で還付の手続きを行います。

ディーラー名義の車は廃車できますか?

購入者とは異なる名義になっている場合、所有権留保の解除手続きを行わなければなりません。所有権留保とは、ローンを組む際に車を担保にしている状態のことです。ディーラーでローンを組んだ場合、ディーラー名義になっている可能性が高いでしょう。所有権が購入者と異なる車を手放す場合、残債を返済してから所有権の変更手続きを行う必要があります。

まとめ

トヨタ車を廃車にする場合、状況に合わせて依頼先を選ぶのが良いでしょう。ディーラーでの廃車には安心感があり、新車への乗り換えを予定している方には便利です。一方で、他の選択肢と比較した場合、費用が高額になるかもしれません。

廃車費用を安く抑えたい方は、廃車王の無料査定をご利用ください。公式サイト上のWebフォームに車種や年式などの簡単な情報を入力すると、約20秒で査定依頼の申し込みを完了できます。電話やLINEによる査定にも対応しているため、お気軽にお申し込みください。

廃車王ならどんな車も
0円以上の高価買取!

廃車王では買い取りした自動車をロスなくパーツ・部品・金属資源に換え、利益を得ているため、お客様に大幅還元致します。

さらに廃車王なら、
嬉しい3つの無料があります。

  • 面倒な廃車手続きをすべて無料で代行
  • 車の引き取りにかかる費用も原則無料
  • キャンセル手数料も無料
最短20秒!キャンセル無料!
WEB無料査定を申し込む