1. 廃車買取りの廃車王
  2. 廃車王のお役立ち情報
  3. 廃車のQ&A
  4. 廃車手続きの代行とは?代行にかかる費用や流れ、必要書類をご紹介!

廃車手続きの代行とは?代行にかかる費用や流れ、必要書類をご紹介!

廃車手続きの代行とは、面倒で手間のかかる廃車手続きを業者に依頼することです。

廃車手続きの代行を行っている業者にはいくつかの種類がありますので、最も手間がかからずお得な業者を選びたいものですよね。

そこで今回は、廃車代行業者に依頼する際にかかる費用や依頼の流れなどについてご紹介していきたいと思います。

関連記事
車の廃車手続き方法・必要書類|自分でできる一時・永久抹消登録の仕方

廃車手続きを代行してくれる業者

廃車手続きの代行をしてくれる業者は、次の通りです。

販売店・ディーラー

新しい車に買い替えるのであれば、購入と同時に廃車代行を販売店やディーラーに依頼することで、スムーズに乗り換えをすることができます。

ただし、廃車手続きの代行に費用がかかったり、廃車手続きの代行を断られてしまう場合もあるのです。

関連記事
ディーラーや中古車買取店に持ち込んだら廃車手数料取られますか?

廃車買取業者

廃車代行業者は、中古車としての再販が難しい車でも買取し、廃車手続きの代行を無料で行ってくれる業者です。

水没車や事故車、走行不能となった車でも、再販可能な部品や、鉄やアルミといった資源をリサイクル法に基づいて再販するため、どのような状態の車でも買取が可能なのです。

行政書士

行政書士とは、行政手続きを専門とする法律家ですが、廃車手続きの代行を依頼することも可能です。

ただし、行政書士が職務の範囲として行えるのは行政機関への手続き代行のみですので、廃車にする車を解体工場へ持ち込むなどの代行はできません。行政書士が関与できるのは、あくまでも書類手続きのみなのです。

廃車手続きは2つの種類がある

廃車手続きには、「一時抹消登録」「永久抹消登録」の2つの種類があります。

一時抹消登録とは、一時的に車籍を抹消することで車の使用を停止する手続きのことを言います。一時抹消登録の場合は、再度登録を行うことで車の使用を再開することができます。

一方の永久抹消登録とは、スクラップして二度と乗らない場合に行う手続きのことです。永久抹消登録を行うと、二度とその車に乗ることはできなくなります。

廃車手続きの代行に必要な書類

廃車手続きの代行に必要な書類は、次の通りです。

・自動車検査証(車検証)
・印鑑証明書 (3ヵ月以内のもの)
・委任状
・譲渡証明書
・リサイクル券A・B券
・免許証等の身分証明書
・実印
・マイナンバー

また、車を所有中に住所変更を行った場合には、下記の書類も必要です。
・住民票(住所変更が1回あった場合)
・戸籍の附票(住所変更が2回以上あった場合)

廃車手続きの代行にかかる費用

廃車手続きの代行にかかる費用は、依頼する業者によって大きく異なります。

例えば、行政書士に依頼する場合の費用の目安は1万円ほど、ディーラーや販売店では無料の場合もあれば、車の状態によって数万円の費用がかかることも。

廃車代行業者であれば、どんな状態の車でも基本0円以上の値段をつけて買取してくれる上に、手続きの代行も無料で行ってくれるので、最もお得な方法だと言えます。

関連記事
廃車費用はいくら?手続きにかかる料金·相場·無料で処分できる方法

廃車手続き代行業者に依頼して廃車にする際の流れ

廃車手続き代行業者に依頼する際は、その流れを把握しておくことで、スムーズに進めることができます。

一般的な流れは、次の通りです。

1.廃車手続きの代行業者を選ぶ
2.車を引き渡す
3.必要書類を提出する
4.業者による書類手続きが行われる
5.抹消登録証明書を受け取る

まとめ

今回は、廃車代行業者に依頼する際にかかる費用や依頼の流れなどについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

依頼する廃車手続きの代行業者によって、かかる費用や手間などに違いがありますので、業者を選ぶ際は複数社に査定を依頼することをおすすめします。