廃車手続きに必要な書類とは?手続きの種類とポイント

2021年12月10日 廃車の手続き・書類

廃車手続きにはいくつかの方法があり、それぞれ必要となる書類が異なります。また、ケースによっては追加書類が必要になり、自分のケースではどの書類を用意すればよいのか分からないと悩む方が少なくありません。この記事では、廃車手続きに必要な書類や、手続きの種類とポイントについて解説します。

廃車登録の方法で異なる必要書類

廃車の手続きには「一時抹消登録」と「永久抹消登録」があり、選択肢によって必要書類も異なります。

一時抹消登録は一時的に車を使用しない場合に行う手続きです。例えば、海外の長期出張や単身赴任などでしばらくの間車を使う予定がないなどのケースで手続きします。

永久抹消登録は車を解体したり、災害にあったりして対象の車をずっとに使用しない場合に行う手続きです。

一時抹消登録に必要な書類

一時抹消登録を行うと、登録している間は自動車税を支払う必要がありません。あくまでも一時的に登録を取り消すだけなので、また使用したいときには再度登録できます。ただし、再度登録する際は、車検や重量税の支払いが必要です。一時抹消登録に必要な書類は、普通車・軽自動車・車が盗難にあった場合でそれぞれ異なりますので紹介します。

【一時抹消登録】普通車の場合

普通車の一時抹消登録を行う際に必要な書類は以下のとおりです。

所有者の実印
所有者の印鑑証明書 発行日から3か月以内のもの
自動車検査証(車検証)
ナンバープレート 前後面の2枚
申請書 運輸支局の窓口で配布しています
手数料納付書 運輸支局の窓口にあります
委任状 業者に依頼する際に所有者の実印の押印があるものが必要

手続きを業者に依頼する際は、申請書と手数料納付書を自分で用意する必要はありません。

【一時抹消登録】軽自動車の場合

軽自動車の一時抹消登録は、「自動車検査証返納届(一時使用中止)」と呼び、手続きに必要な書類が一部普通自動車と異なります。

所有者の認印
自動車検査証(車検証)
ナンバープレート 前後面の2枚
軽自動車税申告書 軽自動車検査協会に隣接する、税関係を取り扱う窓口で入手できます
自動車検査証返納証明書交付申請書

自動車車検証返納届出書

軽自動車検査協会のWebサイトからダウンロードできるほか、軽自動車検査協会事務所・支店の窓口でも入手できます
申請依頼書 業者など代理人が手続きを行う場合に必要です。軽自動車検査協会のWebサイトからダウンロードできます

車が盗難にあった場合

万が一車が盗難にあった場合、そのままにしておくと自動車税などは通常通り発生するため、速やかに一時抹消登録を行う必要があります。盗難に遭い一時抹消登録を行う場合は、通常の一時抹消登録で必要な書類に加えて以下の書類が必要です。

・ナンバーを控えた用紙
・車台番号を控えた用紙:下7桁
・申請者の身分証明書
・登録事項等証明書交付請求書:請求する理由を記載します

盗難にあったと気が付いた時点で警察へ盗難届を提出するとともに、一時抹消登録を行いましょう。

永久抹消登録に必要に必要な書類

永久抹消登録は車を解体した後に行う手続きで、解体を行った証明が必要になります。また、永久抹消登録を行うと該当の車は二度と公道で走行できません。永久抹消登録は事故や水没で車が使えなくなったなど、完全に廃車をする場合に行います。永久抹消で必要な書類を確認しましょう。

【永久抹消登録】普通車の場合

普通車の永久抹消登録を行う際に必要な書類は以下のとおりです。

所有者の実印 所有者本人が手続きする時に必要です
所有者の印鑑証明書 発行日から3か月以内のもの
自動車検査証(車検証)
ナンバープレート 前後面の2枚
申請書 運輸支局の窓口に用意されています
手数料納付書 運輸支局の窓口に用意されています
移動報告番号 解体を行った業者から発行されるリサイクル券に記載されています
解体報告記録がされた日付 業者から解体が終了した報告を受けた日付をメモしておきます
委任状 業者に依頼する際に所有者の実印の押印があるものが必要

業者に依頼する場合は、申請書や手数料納付書は必要ありません。

【永久抹消登録】軽自動車の場合

軽自動車の永久抹消登録は「解体返納」といい、必要な書類も普通車とは若干異なります。必要な書類は以下のとおりです。

所有者の認印
自動車検査証(車検証)
ナンバープレート 前後面の2枚
移動報告番号 解体を行った業者から発行される使用済み自動車引き取り証明書に記載されているリサイクル券番号です
軽自動車税申告書 軽自動車検査協会に隣接する、税関係を取り扱う窓口で入手できます
解体届出書 軽自動車検査協会のWEBサイトからダウンロードできるほか、軽自動車検査協会の窓口で入手できます
申請依頼書 業者など代理人が手続きを行う場合に必要です。軽自動車検査協会のWebサイトからダウンロードできます

 

【永久抹消登録】車検が1か月以上残っている場合

 

永久抹消登録を行う車の車検が1か月以上残っている場合、自動車重量税の還付が受けられます。重量税の還付を受けるために必要な書類は以下のとおりです。

所有者のマイナンバーカード・通知カード・個人番号が記載されている住民票のいずれか
重量税の還付を受ける金融機関の振込口座情報

通知カードや住民票を提出する場合は、身分証の提示が必要です。また、還付された重量税を所有者以外の方が受け取る場合は、所有者の署名と押印のある委任状が必要になります。代理人が手続きを行う際は代理人の身分証と印鑑も必要です。

解体届出に必要な書類

解体届出は一時抹消登録を済ませた車を解体した際に必要となる、適切に車を解体したことを報告する手続きです。一時的に使用しない予定だった車が必要なくなり解体した場合などに行います。解体届出も車検が1か月以上残っていると、自動車重量税の還付が受けられます。

【解体届出】普通車の場合

普通自動車の解体届出に必要な書類は以下のとおりです。

移動報告番号

解体を行った業者から発行される使用済み自動車引き取り証明書に記載されているリサイクル券番号です

一時抹消登録証明書

一時抹消登録の手続きを行った際に発行されます

住民票

発行日から3か月以内のもの

解体届出書

運輸支局の窓口で配布しています

手数料納付書

運輸支局の窓口にあります

業者に手続きを依頼する場合は、委任状が必要です。

【解体届出】軽自動車の場合

軽自動車の解体手続きに必要な書類は以下のとおりです。

移動報告番号

解体を行った業者から発行される使用済み自動車引き取り証明書に記載されているリサイクル券番号です

解体届出書

軽自動車検査協会のWEBサイトからダウンロードできるほか、軽自動車検査協会の窓口で入手できます

申請依頼書

業者など代理人が手続きを行う場合に必要です。軽自動車検査協会のWEBサイトからダウンロードできます

【解体届出】車検が1か月以上残っている場合

車検が1か月以上残っている場合は、自動車重量税の還付が受けられます。還付を申請するために必要な書類は以下のとおりです。

所有者のマイナンバーカード・通知カード・個人番号が記載されている住民票のいずれか

重量税の還付を受ける金融機関の情報

通知カードや住民票を提出する場合は、身分証の提示が必要です。また、還付された重量税を所有者以外の方が受け取る場合は、所有者の署名と押印のある委任状が必要になります。代理人が手続きを行う際は代理人の身分証と印鑑も必要です。

追加書類を求められるケース

廃車手続きを行うにあたり「車検証と印鑑証明書の住所や氏名が異なる」「所有者がローン会社または法人」「所有者が未成年」「所有者が亡くなっている」場合は、追加書類が必要です。また、それぞれのケースで必要になる書類も異なります。

ケース1|車検証と印鑑証明書の氏名・住所が異なる

結婚で名字が変わったり引っ越しで住所が変わったりすると、手続きに必要な車検証と印鑑証明の氏名や住所が異なっているケースがあります。氏名や住所が異なると手続きできないため、上記で解説した必要書類に加えて、発行日から2か月以内の住民票が必要です。

ケース2|所有者がローン会社や法人名義

車のローンの残債があると所有者がローン会社になっている場合があり、商用車は法人名義になっている場合があります。この場合は通常の手続きに必要な書類に加えて、「所有者の譲渡証明書」「所有者の印鑑証明書」「所有者の委任状」が必要です。住所が異なる場合は、これらの書類に加えて登記簿謄本も用意します。書類は、2か月以内に所有者が発行したものでなければなりません。

ケース3|所有者が未成年

所有者が未成年の場合は、通常の手続きに必要な書類に加えて、親権者の実印が押印してある「同意書」が必要です。また、親権者と所有者それぞれの「印鑑証明書」と、親権者と所有者の続柄が分かる「戸籍謄本」も必要になります。親権者の同意書や印鑑証明は、親権者1人分を用意すれば問題ありません。

ケース4|所有者が亡くなっている

車の所有者が亡くなっている場合も、通常の必要書類に加えて何点か追加書類が必要になります。まずは代表相続者の印鑑証明、相続人全員が記載されている戸籍謄本です。そのほか、所有者の死亡が確認できる除籍謄本・相続人全員が記入・押印した遺産分割協議書も用意する必要があります。

面倒な手続きは廃車買取業者と連携しよう!

廃車に関する手続きは自分でも行えます。しかし、用意しなければならない書類が複数あるうえに、慣れない書類作成などで抜けや漏れが発生するリスクがあります。すべてを自分で行うと時間やコストもかかるため、一連の流れを任せられる廃車買取業者に依頼をするとスムーズです。

廃車買取業者とは

廃車買取業者とは車の年式や状態にかかわらず、廃車同然の車も買取をする業者です。乗らなくなった車を買取する中古車買取や下取りと似ていますが、査定の基準が異なります。

中古車買取業者は車を再び販売するために買取する業者です。そのため、年式や走行距離によっては売却価格よりも廃車料金のほうが高くなり、マイナス査定となることもあります。

また、下取りは新たに車を購入する前提なので、車の購入予定がなければ利用できません。仮に新たに車を購入する予定でも、下取りしてもらう車の状態が良くなければマイナス査定となってしまいます。

しかし廃車買取業者は年式や車の状態はあまり重視しないため、買取価格が0円以上になることもあるなど、車を手放す方にとってメリットがあります。

廃車買取業者に依頼するメリット

廃車買取業者に依頼をすると、以下の2つのメリットがあります。

年式や車の状態にかかわらず価格がつきやすい

廃車に関する手続きを代行してもらえる

廃車買取業者では車の部品や素材を販売して利益を得るため、年式が古い車はもちろん、事故車や水没車でも0円以上の価格がつきやすくなります

廃車買取業者は、廃車に関する手続きを無料で代行してくれます。そのため、複雑な書類の作成や陸運局、軽自動車検査協会に足を運ぶ必要がありません

業者に依頼をすれば、初めてでも安心して手続きを進められるでしょう。

廃車買取業者の選び方

廃車買取業者を選ぶ際は買取価格だけでなく、いくつかのポイントを確認することが大切です。

・国に認可されている業者かどうか
・自社解体工場をもっている
・リサイクルを行っているか
・地元密着型の業者か
・廃車手続きについての説明をしっかりしてくれるか

車の解体は国が認可した業者でなければできません。また、自社解体工場をもっていると中間マージンがかからない分、高く買取してもらえます。

廃車王なら手続き簡単・満足価格!

廃車王は全国150店舗の自動車解体業者が運営しており、経済産業省の認可を受けた「NGP日本自動車リサイクル事業協同組合」組合員です。お引き取りした車は定められたルールに従い処理・リサイクルしています。

車のお引き取りをはじめ、廃車手続きや保険・税金の処理もサポートするので、初めて廃車手続きを行う方も安心です。面倒な廃車手続きも無料で代行します。

長年大切にしてきたものの走行不能になってしまった愛車や、下取りできない事故車など、どのような車でもおまかせください。

まずは無料査定を実施し、ご納得いただければご契約となります。その後、車の引き取りをしてお支払いすることで、廃車手続き完了です。無料査定の依頼はお電話でもメールでも受け付けています。LINEでの無料査定も実施しているので、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

廃車手続きには一時抹消登録・永久抹消登録・解体届出などの種類があり、それぞれ提出する書類が異なります。自分で手続きを行うことも可能ですが、陸運局や軽自動車検査協会に足を運ばなければいけないうえに、ケースによっては追加書類が必要です。

手続きを完了するまでには何かと手間と時間がかかるため、廃車買取業者に依頼するのがおすすめです。経済産業省の認可を受けた全国150店舗の廃車王なら、廃車手続きを無料で代行します。まずは、すぐに試せるWeb見積りをご利用ください。

関連する人気のおすすめ記事

2022年1月9日
廃車になりやすい車種はスポーツカー?維持費も高くて割高?
走行性能が高いスポーツカーは軽快な走りを楽しめるのが魅力です。しかし、スポーツカーは廃車になりやすいことをご存じ……
車のあれこれ

2022年1月9日
水没車は修理できる?費用の目安と廃車の判断基準は?
予期せぬ自然災害などで車が水没してしまった場合、修理をすることができるのでしょうか。答えは「修理できる」です。 ……
こんなとき、廃車にするには?

2022年1月9日
車を廃車にする時に保険はどうする?手続き方法と必要書類を解説
車両の保有に必要不可欠なのが、自賠責保険や任意保険です。万が一の事故に備えて車の購入時に加入する人が多い保険ですが、……
廃車Q&A

2022年1月8日
廃車に印鑑証明はいらないの?用意する際の3つの注意点
廃車を検討している方のなかには、廃車時に印鑑証明書は必要なのかと疑問に感じている方もいらっしゃるのではないでしょ……
廃車の手続き・書類

2022年1月8日
軽自動車の廃車で還付金はある?受け取る条件やポイントを解説!
軽自動車は普通自動車と同様で、維持していくためには自動車税や自賠責保険料を決められた期間ごとに支払う義務があります。……
廃車と税金

NGP廃車王

0120-86-8140

電話対応満足度90.4%!

電話受付 9:00~22:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

廃車手続き無料で代行!レッカー引き取り無料

0120-86-8140

無料査定

メニューを閉じる