廃車予定の車は下取りや買取をしてもらえる?車をお得に売却する方法を解説!

2021年12月27日 廃車Q&A


長期間の利用や事故などによって摩耗や損傷が大きい車であれば、一般的には廃車を考えます。しかし、「廃車買取」を専門にしている業者もあることをご存じでしょうか。廃車費用をかけないどころか、買取でプラスになる可能性もあります。

ここでは廃車買取についてご紹介するほか、廃車買取向きの車とはどんな状態の車かを解説します。廃車を検討している方は、参考にしてみてください。

廃車・下取り・買取とは?

 

車を手放す方法は、主に廃車・下取り・買取の3つです。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを解説します。廃車以外の方法を知っておくことで損を減らし、時にはお得に車を手放せるでしょう。

廃車の特徴とメリット・デメリット

廃車とは、車の車籍を「抹消登録」することです。抹消登録を受けた車は、法律上、公道を走れなくなります。

しかし、多くの場合は車を預けた業者が抹消登録を代行するため、一般ユーザーにとっては「業者に依頼してスクラップにしてもらうこと」が廃車のイメージになっているでしょう。

廃車のメリットは、どのような状態の車でも依頼を拒否されることがなく、手続きさえ済めばすぐに車を手放せることです。一方で廃車費用がかかるのは、大きなデメリットだといえます。

下取りの特徴とメリット・デメリット

下取りとは、新車を購入する代わりに保有の車を引き取ってもらうサービスです。保有車を売却する形であるため、利益を得られることもあります。ただし、利益額は新車購入代に充当されるため、手元には残りません。

下取りのメリットは、新車購入と保有車の売却を同時に進められることです。しかし、下取りでは買取ほどの利益は見込めません。買取では相場や需要を元に査定するのに対し、下取りでは車の状態を元に査定するためです。型式が古くても人気が根強い車を手放す場合には、買取が向いているかもしれません。

買取の特徴とメリット・デメリット

買取とは、買取業者に依頼して保有車を売却することです。下取りとは異なり新車購入の条件がないほか、売却で得た利益は懐に入ります。新車購入の予定がない場合や、売却額をほかのことに利用したい場合には、下取りではなく買取を選ぶとよいでしょう。

買取のメリットは、下取りよりも高く車を引き取ってもらえる可能性があることです。需要の高い車であれば、古い車であっても高値が付くかもしれません。

一方、需要が低い車だと、想像以上に安くなるか、買取を拒まれるケースもあります。特に廃車を検討する状況の車であれば、人気の車種でないと一般の買取は難しいかもしれません。そのような場合は、廃車買取を検討しましょう。

車がどういう状態なら廃車するべきか

 

愛車への思い入れが強く、廃車にするかどうか悩んでいる場合には廃車が推奨される車の状態をご確認ください。愛車の状態と照らし合わせ、廃車が推奨されるケースに当てはまる場合には、廃車を検討したほうがよいでしょう。修理するよりも廃車がお得になるケースもあります。

事故による破損

事故で愛車が破損した場合、損傷の大きさをもとに廃車するかどうか検討します。損傷が大きい場合には修理の費用が高くなるほか、車の劣化が大きく進んでしまうため、廃車が推奨されます。

事故による損傷の中でも廃車をおすすめするのは、「フレームの大きな損傷」と「水没事故による損傷」です。フレームが大きく損傷した場合の修理費用は、100万円以上にもなり得ます。また水没事故の場合は、たとえ修理ができたとしても内部浸水により通常の何倍も車が劣化しやすくなるためです。

故障

故障時に廃車を検討する場合、まず車の年式や走行距離を踏まえましょう。車の年式が古く、走行距離が長いと、今後も故障を繰り返す恐れがあります。

また、修理や維持にかかる費用についても検討しましょう。修理費用額が大きい場合のほか、買い替えによって自動車税が安くなるなど、修理よりも廃車、買い替えがお得になるケースもあります。

老朽化

長年乗り続けている車の場合、老朽化が目に見えて起こるかもしれません。しかし最近の車は以前よりも丈夫になっているため、丁寧な扱いを心掛けていれば、10数年程度であればまだ現役というケースも多いでしょう。その場合には、走行距離20万キロを過ぎるまでは、廃車を視野に入れずともよいかもしれません。

逆に何十年も古い型の車に乗っていたり、車の扱いが荒かったりするであれば、注意が必要です。思わぬ事故につながる恐れもあるため、一度、劣化状態の確認を業者に依頼するのもよいでしょう。

廃車手続きにはいくら料金がかかる?

車を廃車にする場合、一般的には以下の費用がかかります。

  • ・車の引き取り代金:1万円~3万円
  • ・車のスクラップ代金:1万円~3万円
  • ・抹消登録代行代金:1万円~2万円

依頼する業者によって差はありますが、どんなに安くても総額3万円程度は見ておきましょう。

廃車を検討する状態の車であれば、修理費用が高額になるケースも多いため、「3万円程度であれば……」という方もいるかもしれません。しかし廃車買取であれば、これらの費用が発生しないどころか、利益が出る可能性もあります。

廃車予定の車も下取りや買取をしてもらえるのか

 

損傷が大きく修理が難しい車や老朽化の進んだ車など、廃車予定の車であってもできることなら下取りや買取を依頼したいところです。しかし、そんなことは可能なのでしょうか。いざ下取りや買取を依頼したものの断られて無駄足を踏むことがないように、ここで下取りや買取の常識を押さえていきましょう。

廃車予定の車は下取りできる?

廃車予定の車を下取りに出した場合、下取りを断られる可能性があります。また、無料で引き取ってくれたとしても新車購入代の割引が付かないケースもあるでしょう。

廃車には費用がかかるため、「無料だとしても引き取ってもらえるのなら」と了承する方もいます。しかし下取りを断られた車であっても、業者さえ選べば売却できる可能性があるため、少々もったいないかもしれません。

廃車予定の車は買取してもらえる?

買取業者は、買い取った車をユーザーに売却することで利益を得るのが一般的です。そのため、売却が見込めない状態の車であれば、買取を拒否もしくは買取額0円で引き取りのみになる恐れがあります。

なお車の状態が悪い場合のほか、車検証や印鑑証明書などの書類が揃っていないケースでも、買取はしてもらえません。廃車の選択を迫られるでしょう。

下取りも買取もダメなら「廃車買取」がある

一般的なディーラーや買取業者からは下取りや買取を拒否された車でも、「廃車買取」であれば価格が付くかもしれません。廃車買取では、車そのもの以上にパーツや金属資源を販売して利益を得ているためです。

実際にどのくらいの金額で買い取ってくれるかは、各パーツの状態や需要によります。しかしたとえ価値が付かなかったとしても、引き取りから廃車手続きまでを無料で受けてくれるケースが多いでしょう。廃車を選ぶしかない場合には、お得な廃車買取がおすすめです。

廃車買取について詳しく解説!

 

廃車買取はどのようにして進められるのか、方法や流れを確認していきましょう。車の買い替えではディーラー下取りや中古車買取店が一般的なため、廃車買取業者の認知が低いかもしれません。一般的な買取とどのように違うのか、買取後の車がどのように使われるのかなど、その仕組みについても解説します。

廃車買取はどこで出来るのか

廃車買取を依頼する先は、主に「解体業者」「協同組合」「仲介業者」の3種類です。解体を専門とする業者が運営している場合には「解体業者」、複数の解体業者が集まり運営している場合には「協同組合」、多くの解体業者との仲介を担っている業者が運営している場合には「仲介業者」となります。

仲介業者は中間マージンが発生するため、買取価格が安くなる傾向です。解体業者は1社に依存するため、対応地域が狭い(解体業者の所在地しか対応できない)ことがデメリットといえます。

一方、協同組合はそのどちらもカバーしている点が魅力です。廃車買取にかかわる業務をすべて自社で完結することにより、中間マージンがかからず高価買取に期待できます。しかも多くの加盟店があるので、対応地域が広いこともメリットです。

廃車買取のタイミング

一般的な買取の場合、中古車のニーズが高まる時期を狙って売却するのがよいとされます。しかし廃車買取の場合には、中古車ニーズはあまり関係しません。廃車買取に大きく関係するのは、鉄くず相場です。鉄くず相場が高騰しているタイミングで売却できれば、いくらか高く売れるでしょう。

廃車買取された車のその後

廃車買取された車は、主に以下のような方法で販売されます。

  • ・パーツ販売
  • ・スクラップ工場に鉄くずを販売
  • ・中古車や輸出車として販売

車の状態に合わせて適切な方法が選ばれるため、廃車買取を依頼した場合でも中古車や輸出車として販売されることもあります。愛車のその後が気になる場合には、依頼時に買取業者へと直接、聞いてみるとよいでしょう。

廃車買取で高い価格をつけてもらう方法

 

廃車をなるべく高く買取してもらうためには、いくつかのポイントがあります。車種や年式などに限らず、どのような車にもいえることだけをここではまとめました。廃車買取を依頼する際には、最低限ここでご紹介する4つのポイントを押さえておきましょう。

車の清掃をしておく

廃車買取を依頼する前に、車の清掃は済ませておきましょう。車がきれいな状態であるほど、車を大切に扱っていたことを示せるため、査定時の印象がよくなります。清掃だけでなく、ワックスがけや小さな傷のDIY補修もおすすめです。

そのほか見た目以外では、車内に染みついた臭いにも注目しましょう。特にペットを乗せることが多かった場合や喫煙習慣がある場合には、換気と脱臭を徹底するとよいでしょう。

純正パーツや装備品も準備する

廃車買取では、車そのもの以上にパーツやカーナビなどの装備品に価値が付くこともあります。買取前に装備品を外す方もいますが、買取額を上げたいのであればそのままにしておくのが無難です。保証書類もあれば、すべて用意しておきましょう。特にメーカーオプションや有名メーカーのパーツは高値で取引される傾向にあります。

焦って売却しない

焦って売却を進めようとすると足元を見られ、買取額を相場よりも安く査定される恐れがあります。

「複数業者に掛け合い、少しでも高く売却できるところを探している」と伝え、余裕を持って動いていることを伝えるのがよいでしょう。場合によっては、他業者の査定額を元にした交渉に応じてくれる場合もあるかもしれません。

買取業者を見極める

車を少しでも高く売却したいのであれば、なるべく多くの業者に査定を依頼してから売却先を決めるとよいでしょう。この時、選び方のポイントになるのは、査定額の高さだけではありません。車籍の抹消登録や、車の引き取りにかかる費用や手数料にも注目しましょう。各種費用が高くつく場合には、結果的に買取価格が下がってしまうためです。

廃車が完了すると還付金がもらえる場合も

車の車籍を抹消登録した場合、お金がもらえる可能性があります。これは「還付金」といって、前払いしていた自動車税や重量税・自賠責保険が戻ってくるものです。

還付金は月割計算で算出されます。たとえば自動車税は1年分を前払いするため、課税期間が6か月であれば、残りの6か月分が戻ってくることになります。

還付金の受け取り方は、自動車税と重量税は自動振込、もしくは市町村から届く通知を用意して郵便局や金融機関窓口で手続きします。

一方、自賠責保険は廃車を終えた後に、自身で解約の連絡をしたうえで手続きをしなくてはいけません。連絡を忘れると料金を支払い続けることになるため、廃車後はすぐに連絡をしましょう。

廃車買取なら引き取りも手続きも無料の廃車王で!

 

一般の買取や下取りが難しい場合には、「廃車王」を利用してみませんか。廃車王ではすべての手続きやお車の引き取りが、原則無料です。公式サイトには、誰でも簡単に使える「無料査定フォーム」を用意していますので、まずはこちらをお試しください。

廃車手続きの無料代行で初めてでも安心

廃車王は、廃車に関わる面倒な書類手続きをすべて代行します。初めての廃車で分からないことばかりでも、ご安心ください。手続きにあたってご用意いただく書類についても、すべて分かりやすくご説明します。

しかも代行料金は、一切いただきません。廃車費用は、安くても約3万円は最低かかると一般的に言われます。廃車費用を安く済ませたいのであれば、廃車王がおすすめです。

近くの店舗から無料で引き取りに来てくれる

廃車王は全国150店舗、北は北海道から南は沖縄まで、どちらにお住まいでも近くの店舗からすぐにお車の引き取りへと向かいます。

またお車の引き取り代金は、原則無料です。状態が悪く動かないお車や大破したお車でも、お引き取りします。ガレージに眠らせているお車があれば、まずはご相談ください。

経済産業大臣認可だから信頼できる

廃車王は、経済産業大臣の認可を受けた「NGP日本自動車リサイクル事業協同組合」組合員が運営しています。経済産業大臣の認可があるのは、国内の自動車リサイクル業界では唯一廃車王だけです。多くのお客様に安心して大切なお車を預けて頂いております。

ご契約前でも、分からないことや困っていることはすべてサポートいたします。廃車にまつわる税金や保険など、難しいことはすべて廃車王にお任せください。

まとめ

 

下取りや一般買取が難しい状態の車では、廃車を選ぶしかありません。しかし、廃車には手間だけでなく費用もかかるため、おっくうに感じる方は少なくないでしょう。そのような時は、ぜひ廃車買取の利用をご検討ください。

廃車買取であれば、通常の下取りや一般買取を拒否された車であっても売却ができるうえ、廃車費用がかかりません。お車の廃車を検討しているのであれば、まずは廃車王のWeb査定でお得さをお試しください。

この記事の監修者

廃車王編集部

廃車の高価買取サービスを提供する廃車王の編集部です。
廃車王では廃車や事故車を高値で売るためのノウハウや、廃車に関連する手続きなど知るとオトクな情報を幅広く掲載しており、 皆さまの廃車に関する不安や悩みを長年培ったノウハウや知識で解消いたします。

関連する人気のおすすめ記事

2022年1月8日
軽自動車の廃車で還付金はある?受け取る条件やポイントを解説!
軽自動車は普通自動車と同様で、維持していくためには自動車税や自賠責保険料を決められた期間ごとに支払う義務があります。……
廃車と税金

2022年1月7日
廃車にすると自賠責保険が還付される!返金額や手続き方法を解説
車を廃車にすると自賠責保険の還付金が受け取れることをご存知でしょうか?車を廃車にすると、自賠責保険や任意保険の還……
廃車と税金

2021年12月10日
いらない車を廃車にしたい!必要な手続き・費用を抑えるポイント
車を所有していても、老朽化や万が一の事故による破損や故障などにより、いつか車を手放さなければいけません。車を手放……
廃車の手続き・書類

2021年12月10日
廃車にして自動車税の還付を受ける方法とは?損しないための注意点について
廃車にして自動車税の還付を受ける方法とは、特別な手続きは必要なく、廃車手続きをするのみで可能です。しかし、廃車手……
廃車と税金

2021年6月10日
自動車税の還付とは?損をせずに還付を受けるタイミングとは?
自動車税の還付とは、車の抹消登録を行うことで受けることができますが、還付金額は月割りで算出されるため、抹消登録を……
廃車の手続き・書類

NGP廃車王

0120-86-8140

電話対応満足度90.4%!

電話受付 9:00~22:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

廃車手続き無料で代行!レッカー引き取り無料

0120-86-8140

無料査定

メニューを閉じる