事故車を買取業者に高く売るポイント

2018年3月15日 車買い換えのタイミング

事故車は価値がないからと、すぐに廃車にする方もたくさんいますが、最近では海外での日本車人気に伴いパーツにも高い価値がついています。そのため、昔と違って事故をすると価値がなくなる時代ではありません。ポイントを抑えて買い取り価格アップを狙っていきましょう。

 

業者に事故車を高く売るためのポイント

まずは愛車の市場価値を知ろう

 

事故車を高く売るためには、いきなり買取店やディーラーに持っていくのではなく、愛車の市場価格を調べることが大切です。大体の平均相場が分かったら、複数のお店に買取を頼んで査定を受けるだけです。複数の買取店に査定を受けたら、他社見積りを提示してお店と交渉しましょう。これだけで数万円から数十万円の買取アップも期待できます。

また、自分から交渉しなくても他のディーラーで査定を受けたり見積りを出してもらっているかを聞かれることもありますので、正直に答えましょう。ディーラー側もお客様を他店に行かせたくないので、わざわざ交渉しなくてもお店側から買取価格アップを提案してくれます。

交渉が苦手な人は他のお店にも行ってきたと伝えるだけでお店側から交渉してくれる可能性が高いので、覚えておいてくださいね。

 

少なくとも3社以上の業者から査定を受けよう

相場を知って査定を受けたら、思ったより買取が高かったからと即決せず、できるだけ多くの業者から査定を受けるようにしましょう。希望買取価格や他店での査定結果を聞かれたとしても、一番査定が高かったお店で売りますと答えるのもポイントです。業者はあなたの愛車の市場価格を知っているので、その価格を基準にどこまで査定額をアップできるか考えてくれます。

中には相場より安く買い取ろうとする所もありますが、あらかじめ市場を知っておけば安心です。明らかに相場より安く買い取ろうしてくる業者には別れを告げて、次の業者に査定をお願いしましょう。

 

自分の車の良さを伝える事も大切

こだわりを持っていなくても、禁煙車であったり点検整備をしっかりしていると、買取時にプラス査定に影響があります。さりげなく他の車とは違う所をアピールする事も大切で、特に最近は禁煙車が好まれる事も多いため、意外とプラスになる可能性が高いです。喫煙者でも、カーナビなどのオプションパーツで品質の良い物をつけている場合、相場より高くなることも少なくありません。

実は買取査定は点検や整備と違って念入りにチェックされることが少ないので、アピールしないと気づかれないこともあります。せっかく査定アップに繋がる要素があるなら、そっとアピールして愛車の良い所をディーラーに教えておきましょう。

 

事故車を売るときは直さずにそのまま買い取ってもらおう

事故車は直さないで売却した方が良いようです。それは修理費以上に査定額がアップする可能性がほとんどないからです。昔と違って買取専門店に売れば事故車でも高く買い取ってもらえることが多く、日本車は性能が良いので海外で買い手が見つかりやすくなっています。事故車でも日本車に乗りたいという外人の方はたくさんいるので、買い取り専門店なら関係なく売ることができます。

ディーラーに事故車を持っていくと、買取を拒否されるか0円査定をされるので、やめたほうが良いでしょう。中古車販売店も買い取ってくれる事がほとんどで、トラブルもほとんどありませんが、買取価格は大きく下がります。事故車を少しでも高く売りたい場合は、修理せずに買取専門店に持ち込んで交渉してみましょう。

 

傷やサビは修理したほうが良いの?

車の査定は、グレードや車種のほかにも年式で大体の基準が決まり、次に内装や外装の傷、汚れなどがチェックされます。傷やへこみなどの外装はキレイにしておけばおくほど買取価格があがり、古い車でもコーティングなどでキレイにすれば市場価格がアップするのです。この場合、コーティングしたから高く売れたのではなく、外装がキレイだから高く売れたという結果です。

 

少額で綺麗になるかがポイント

傷やへこみは具合によって修理費に差があるので、あまりに金額がかかるなら修理しないほうが良いでしょう。少ない金額で少しでもキレイにできる場合は修理したほうが買取価格は上がる場合があるので、前向きに検討しても良いですね。車体に傷やへこみがある場合は買取価格が下がり、キレイな状態なら買取価格が相場より高くなると覚えておきましょう。

 

小さな傷やサビは直さなくても大丈夫

傷やへこみなどと同じくサビでも買取価格は下がってしまいますが、売ることを決めている車のサビ修復はしないほうが良いようです。車の査定は1cm以下の小さなキズはキズとみなさないことも多く、そのため小さなキズやサビを無理やり隠そうとすると、キレイな車体が汚いとみなされたり、買取価格が下がってしまう場合もあります。

大きな傷やサビは無理に隠していることがバレてしまうと、買取価格が下がるので、自分で修復しようとするのもやめておきましょう。プロに修理してもらっても高いお金が必要になるので、買い取り価格が上がっても損をする場合がほとんど。お金をかけて無理に直すよりも、そのまま買取をしてもらって余分なお金をかけないようにするのも一つの方法です。

 

事故車の修復と修理って何が違うの?

中古車の詳細に無事故車や事故車と書いてありますが、実はこの言葉はすごくあいまいです。というのも中古車査定協会の基準で定義されているのは修復歴だけなので、多少ぶつけたり事故をしていても無事故と扱われているものもあります。

 

修復歴とは

修復暦は自動車の骨格にあたる物を交換や修正した場合につく履歴のことで、パンパーやドアなどは修復暦になりません。屋根や足を置くフロア部分などは骨格にあたり、トランクフロアなどの修正も修復暦に入ります。

骨格は車種によって違いがありますが、ドアやガラスなどの交換で済む場合は事故車にはならないということです。修復暦の扱いも業者によって基準があり、バンパーの交換のみで査定をしてもらったらA社は無事故車扱いで、B車は修復暦車になったということもあります。そのため事故車という言葉はあいまいな言葉であり、査定を複数の業者にお願いする事が大切なのです。

 

どこに持っていっても0円と言われた場合

どこに持ち込んでも査定0円と言われる場合は、廃車にすることも考えましょう。廃車は手数料がかかると思いがちですが、最近では無料のところも数多くあります。大きな事故を起こして修理費用が高くつく車や動かなくなった車、査定0円車は廃車にする事で0円以上の買取価格になる事も少なくありません。

昔は無かった廃車買取業者が出来たことによって、ディーラーでは手数料がかかる所を無料で行ってくれたり、お金をもらえる可能性もあります。特に10万キロ以上走った車や10年以上の経年車は中古車としての価値が低いため、市場に出すより廃車にしたほうがお得な場合もあります。事故車として扱われている車も買い手がつきにくいことも多く、廃車手数料を取られるくらいなら廃車買取業者にお願いしてしまいましょう。

 

事故車だけでなく水没車や不動車も廃車買取業者へ

ディーラーや中古車販売店は、車を売ることが目的なので買い取る基準は、その車が動くかどうかです。動かなくなった事故車や水没車は買い取ってもらえません。修理すれば動く場合は、修理費用より販売価格が高い場合に限り買い取ってくれることもありますが、下取り価格は期待出来ないでしょう。

そのため車を買い替えるついでに下取りでディーラーに引き取ってもらうより、廃車買取業者にお願いしたほうがお得です。ディーラーにお願いすると0円査定や廃車手数料が発生しますが、廃車買取業者を利用すれば余計なお金を払う必要もありません。基本的に廃車買取業者は0円以上の買取を行っているので、少しでも新車の足しにしたい方には知っておいてほしい知識です。

 

どうして廃車でも価値がつくの?ディーラーとの違いとは?

車が動くことが前提の車販売店と違って、廃車買取業者はパーツや中古部品を販売したりリサイクルするのが目的です。そのため車が動いても動かなくても関係なく、中古車としての価値がなくてもパーツごとに価値があれば再利用されます。中古部品はキレイに洗浄されて再検査を行い、基準に合格したパーツだけが中古商品として販売される仕組みになっています。

ボディの金属部分もアルミや鉄などに分別されてリサイクルし、新しい形に生まれ変わって他の人たちに利用されているのです。ディーラーと廃車買取業者は車を再販するかパーツを再販するかの違いがあるので、まったく違う買取価格になるわけですね。

 

自動車税を払っていない放置車でも廃車にできる

廃車にしなくてはいけない車を自動車税を支払っていないため放置している、そんな場合でも廃車にすることは可能です。所有者が本人名義の場合は自動車税が未払いでも廃車にすることは可能なので、長年動かしてない車は廃車買取業者に依頼してみましょう。

しかし、廃車にしたからといって自動車税を払わなくていいなんてことにはならず、廃車手続きが完了した後に納税通知が届きます。放置車でも自動車税を払っている人には関係ありませんが、ずっと放置していて自動車税が未払いだという場合は延滞金も含まれた通知が届くのです。

これを支払わない場合は、財産の差し押さえなどの法的な措置をとられるので、廃車にするしないに関わらず納税義務はしっかり果たしましょう。注意すべきは自動車税を2年以上滞納している場合で、嘱託保存という措置を取られている場合は廃車にできません。

心当たりがある場合は納税署に確認してみましょう。

 

まとめ

事故車を売る場合は、自分で無理に修理をせずに、まずは複数の業者に査定してもらいましょう。場合によっては中古車として売却するよりも、廃車買取業者での買取金額が高い場合も十分考えられます。

廃車買取業者は車を走行できる、できないよりも、車すべての部品に価値を見出しますので、走行できる車でも逆に廃車買取業者に買い取ってもらう方が買取額が高くなる場合もあります。

まずは無料査定にて、あなたの愛車の買取額を査定してみてはいかがでしょうか。

関連する人気のおすすめ記事

2018年3月15日
事故車は修理?それとも買い替え?
事故車は、修理をして乗り続ける場合と、売却や廃車にして新しい車を買う場合、どちらがお得でメリットがあるか悩みどこ……
車買い換えのタイミング

2018年1月31日
車の寿命はどれくらい?走行距離や年数目安は?
あなたは愛車を手放す際、何を基準に考えますか?お気に入りの車であれば、車の寿命が来るまでは長く乗り続けたいもので……
車買い換えのタイミング

2018年1月30日
車が動かない時の原因と対処法
突然エンジンがかからなくなった… この記事を読んでいる人の中には、今まさにエンジンがかからずに困っている方……
車買い換えのタイミング

関連キーワード

NGP廃車王

0120-86-8140

電話受付 9:00~22:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

廃車手続き無料で代行!レッカー引き取り無料

0120-86-8140

無料査定

メニューを閉じる