事故車は修理?それとも買い替え?

2018年3月15日 車買い換えのタイミング

事故車は、修理をして乗り続ける場合と、売却や廃車にして新しい車を買う場合、どちらがお得でメリットがあるか悩みどころですよね。なるべく得をするように売りたい方や、お金をかけずに事故車を処分したい方は、是非参考にしてください。

 

事故車を廃車にする場合の注意点

一般的な廃車にかかる費用はどれくらい?

 

「事故車の最悪の結末」と言われている廃車は、2万円から5万円程度の廃車手数料がかかるので、かなり高額だと言えます。事故を起こした場合でも事故にあった場合でも、ショックから立ち直れない上に、これだけの金額がかかると二重苦でしょう。金額の幅が広いのは車種や損傷状態など色々な理由があり、実際に見積りを出してもらうまで、正確には分からないのです。

自分で廃車手続きをする場合は、国産軽自動車なら8,000円程度で普通車は1万円ほどと言われています。外国車は15,000円程度で国産の大型車になると2万円程度とされていますが、これらの金額は自分で解体業者に持ち込んだ場合の金額です。

到底動く状態ではなく、レッカーでの引取り依頼を行うと追加で1万円程度は必要になり、住んでいる地域や引取業者からの距離によっても変化します。廃車手続きは、業者や行政書士に依頼すると追加で2000円から1万円の料金が発生するため、総額はかなりの金額になってしまうのです。

 

廃車費用と修理費用はどっちが高い?

こだわりを持って車に乗っている人は修理を考えると思いますが、破損部分によってはかなりの金額が発生します。エンジンは最悪の場合交換になるので、車種次第ですが10万円から90万円ほどは必要になり、部品交換で済む可能性は低いでしょう。古い車種なら10万円程度で済みますが、一般的な国産車はエンジン本体が30万円から70万円程度、さらに工賃が発生して10万円から20万円は必要です。

外車になると場合によっては数倍の値段になり、古い車に愛着を持って乗っている方の場合、さらに高い費用が発生します。エアコンは1万円から20万円程度で、ドア交換でも10万円、バンパーは1万円から20万円程度は考えておきましょう。

最も高いのがフレーム部分の修理で、修理範囲によっては数万円から数百万円にもなってしまいます。事故の度合いと車種やグレードでかなり差が生まれますが、こだわりが無い車でなければ廃車にしたほうが安い事もあります。

 

買い替える場合の注意点

事故車はやっぱり買い替え?

 

事故車認定をされると値段が一気に下がったり0円査定をされる事もありますが、事故車という言葉はとても幅広いです。修復歴車と呼ばれる事故車ですが、自動車の骨格部分を修正や交換をしない限りは事故車にはなりません。

骨格部分とは、フレーム・クロスメンバー・インサイドパネル・ピラー・ダッシュパネル・ルーフパネルがあたります。フロア・トランクフロア・ラジエータコアサポートも骨格部分になりますが、実はバンパーやドアの交換は事故車扱いにはなりません。そのため、バンパーやドア交換のみで修復歴がついていない場合、査定には大きく響かないとことになります。

つまり修復暦がない、買い替えて間もない車や走行距離が少ない車の場合は、すぐに買い替えるより乗り続けた方が良いと言えます。10年以上前の車や10万キロ以上走っている車の場合は、査定額も低く、買い替えるほうが良いでしょう。

 

そもそも事故車は売れますか?

まず、愛車の事故以前はどれくらいの価値があったかを知り、適切な相場を知る必要があります。メーカーや年式、車種やグレード、また走行距離や人気のある色などを知る事で、大体の価値が分かってくるでしょう。大手メーカーの査定フォームを利用すれば簡単に調べられるので、車に詳しくない人でも、簡単に市場価格や人気度が調べられます。元々の価値が分かれば、必ず複数の業者などに見積りをだしてもらう事が大切で、一件の見積りだと損をする可能性もあります。

事故車を売る時でも、無事故車を売る場合でも、愛車の元々の市場価値を知る事で査定額をごまかされずに済みます。たくさんある業者の中には市場価格より安く買い取ろうとする業者も少なからず存在しますので、価格や人気を知っていれば他の業者に依頼できます。

 

見積りを複数の業者に依頼する理由

一社のみの査定では、金額はそれ以上にも以下にもなりませんが、他の業者に依頼する事で査定額がアップすることがあります。ディーラーや中古車専門販売店は自分のお店で買い替えてほしいので、他社との査定額の差を提示すると競い合ってくれます。見積りを高くすれば自分のお店で買い替えてくれるかもしれないと考えているので、競争率の高い業界ではよく耳にする交渉術ともいえます。

自分から交渉しなくてもお店のほうから他店に査定を依頼しているか、買い替える予定はあるかと質問してくることも少なくありません。さらにお得に買い取ってもらいたい場合は具体的な差定額は言わず、一番高い所で買い替えようと思っていると伝えましょう。

事故車でも無事故車でも会社が買い取る価値があると判断したら、愛車をお得に売るチャンスです。査定は一社で済ますのではなく、必ず複数の業者に依頼するようにしてください。

 

事故車の修理を行う場合の注意点

ディーラーで修理する際の修理期間

修理箇所によって様々ですが、フロントバンパーなら2日程度、リアバンパーでは4日程度かかると言われています。クォーターパネルやドアの修理になると5日程度は必要であり、損傷具合によってはさらに期間がかかるでしょう。微小なガラスの傷などは、2時間から3時間程度で済むこともあり、思っているより早く修理が終わる場合もあります。

最も費用と期間が掛かるのがエンジンで、早くても5日から一週間程度は掛かってしまいます。損傷によっては、エンジンを交換する必要があるので、エンジンの買い付けから交換までさらに時間が必要になります。上記の時間は国産車の場合で、外車となると輸入するケースもありえますので、さらに期間は掛かると思ってください。国産車はパーツの予備がすぐに手に入りますが、外車の場合は特別なパーツが必要になるのでのんびりと待つしかありません。

 

車用品店に修理依頼する場合

街中で見かける、車に関する部品を売っている車用品店は、ディーラーと比べて修理にかかる費用が安いと言われています。ほとんどのお店では、店内やホームページに修理費用を掲載しているので、ディーラーの見積りと比べやすい特徴もありますね。事故車の修理依頼をすると、事故前と変わらない仕上がりになるお店もありますが、メーカー専門店ではないので少し仕上げに差が生まれます。

予算を少しでも抑えたいという方にはオススメできる車用品店ですが、変な仕上げ方をしないでほしい!というオーナーには向いていないですね。ディーラーは正規店なので出荷状態を基準に仕上げてくれますが、車用品店はお店ならではの方法を取ります。板金塗装屋も車用品店と同様に安く修理をしてくれるだけでなく、整備のプロ達がしっかりと対応してくれるのが特徴です。こちらもメーカー正規店ではないので、独自の仕上がりになる場合があると覚えておきましょう。

 

修理は高く買い替えには時期が悪い場合

一昔前なら、廃車は絶対にオススメされていませんでしたが、今の時代には無料で廃車手続きをしてくれる業者が数多くあります。廃車買取業者と呼ばれ、全国に店舗を持っている業者もあり、廃車手続きの代行や廃車手数料は無料です。ディーラーで0円査定をされた車でも、水没車でも0円以上で買い取ってくれるので、どんな車でもまずは査定をしてもらったほうが良いでしょう。

買取価格は車の状態やグレードなどで上下しますが、ディーラーのように0円で引き取るようなことはしません。新しく車を買う場合に少しでも足しにしたい、そんな時でも利用しやすいメリットもあります。

 

必ず自分の「目」で確認することが大切

ネットオークションを利用する際は注意!

最近では、車の購入にインターネットオークションを利用する人が増えてきています。車に詳しい方なら問題はありませんが、車の知識が無い人は必ず専門家と一緒に購入しましょう。ファッション感覚で買うのはトラブルの元です。事故車の定義はあいまいで、無事故と書かれている車でも、専門家が見れば事故車という場合があります。

掲載内容や車の書類を一緒に確認してもらい、怪しい点をしっかり指摘してくれる専門家が望ましいです。写真や動画で車の状態を確認しただけではわからない車の状態。出品者は騙すつもりがなくてもトラブルなどを見落としている場合があります。車は決して安い買い物ではないので、ネットオークション等を利用して買い替える時は充分な注意が必要です。

 

買い替えも修理も必ず自分の目で確認しながら行う

ネットオークションに限ったことではなく、車の買い替えの際には必ず自分の目で確認してから決めましょう。インターネットは確かに便利ですが、情報収集ツールとして利用し、購入を決める前に現物を確認しないと後悔する事のほうが多いです。車用品店や板金塗装屋での事故車修理も自分自身で確認するようにし、知識が無い人は電話で説明を受けただけで済ませないようにしてください。

専門用語ばかりでよくわからないから任せておいた、よく聞く話ですが仕上がった後に苦情を言ってもどうにもなりません。修理や整備段階なら工場も修正が出来ますが、作業後ではどうにもできない部分もあるので、任せきりにしないようにしましょう。高額な費用を出して修理をしたのに納得がいかない出来上がりにならないように努めることも、カーオーナーの務めです。

 

まとめ

事故車は修理費用と買い替え費用を計算して、複数の会社に査定を依頼してそれぞれの見積額を見てから決めましょう。そして、その時の条件に合った方法を取りましょう。今はまだ、あまり知られていない廃車買取業者も、お得に車を処分するコツですので、事故車の処分をお考えでしたら「廃車買取業者で事故車をお金にする」という候補を選択肢にいれてみるのも良いでしょう。

関連する人気のおすすめ記事

2018年3月15日
事故車を買取業者に高く売るポイント
事故車は価値がないからと、すぐに廃車にする方もたくさんいますが、最近では海外での日本車人気に伴いパーツにも高い価……
車買い換えのタイミング

2018年1月31日
車の寿命はどれくらい?走行距離や年数目安は?
あなたは愛車を手放す際、何を基準に考えますか?お気に入りの車であれば、車の寿命が来るまでは長く乗り続けたいもので……
車買い換えのタイミング

2018年1月30日
車が動かない時の原因と対処法
突然エンジンがかからなくなった… この記事を読んでいる人の中には、今まさにエンジンがかからずに困っている方……
車買い換えのタイミング

関連キーワード

NGP廃車王

0120-86-8140

電話受付 9:00~22:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

廃車手続き無料で代行!レッカー引き取り無料

0120-86-8140

無料査定

メニューを閉じる