ローンが残っている車の廃車

2020年12月11日 こんなとき、廃車にするには?

ローンが残っている車だけれど、事故や災害で廃車にしなければならなくなったという状況になった経験はございませんか?ローンが残っている車を廃車にしたい場合、『車の所有者』が誰にあるのかということが重要になってきます。

それは車の所有者が自分か、自分以外にあるのかによって、廃車にできるかどうかが変わってくるためです。車検証の『所有者の氏名又は名称』の欄に記載されている名前が、その車の所有者です。

ローンで購入した場合には、自分の名前ではなくディーラーやローン会社の名前になっていることがありますので、まずは車検証を確認してみましょう。

 

【ローンが残っている車の廃車】所有権が自分の場合

ローンが残っている車でも廃車にできるのは、車の所有権が自分の場合です。

通常のローンで車を購入している場合、ディーラーは返済が最後までなされなかった場合のリスクに備えて車の所有者権を保留にすることがあります。つまり、車検証上の所有者にはディーラーの名前が記載され、自分の名前は使用者として記載されるのです。

一方、銀行などでローンを組んだ場合、通常所有権留保はなく、所有者は自分の名前になっていることがほとんどです。この場合は、当然ローンの支払いは残りますが、車を自分の意思で廃車にしても売却しても何も問題もありません。

 

【ローンが残っている車の廃車】所有者が自分以外(ディーラーやローン会社)の場合

所有者が自分以外の場合には、所有権が他にありますので、当然のことながら勝手に廃車にすることはできません。まずは所有者名義を変更する必要があります。これを“所有権解除”といいます。

通常ローンを完済していれば、問題なく所有権解除の手続きに進むのですが、ローンが残っていると所有権解除は難しくなります。

 

ローンの残額を一括返済できる場合

ローンの支払いが残っていると、所有権譲渡ができませんが、ローン残額を一括返済すれば、ほとんどの場合、所有権解除の手続きを行ってくれるでしょう。所有者が自分名義に変更できれば、あとは制度に則して廃車手続きを行いましょう。

 

ローンの残額を返済できない場合

買ったばかりで多額の残債がある場合など、一括返済が難しいときは、ローン会社やディーラーに事情を説明し、相談してみるしかありません。事故や災害などに遭い、もう廃車にするしかない状況であれば、所有権を解除してくれることもあります。

『車両は解体する』『残債は支払う』ことを条件に承諾してくれるような場合もありますので、初めから無理だと交渉しないのではなく、しっかり事情を説明することが大切です。

どうしても残額完済しなければ所有権解除を認めてくれない業者さんの場合は、どうしようもありません。所有権のない車の廃車は行えないのです。

 

ローンが残っている車の廃車ができないときは?

ローンの組み換えを行う

ローンが残っている車の廃車ができないというときは、ローンの組み換えをするという選択肢もあります。この場合、前提条件として、一括返済できるほどのまとまった現金はすぐに用意できないが、毎月一定額を返済できる支払い能力に問題がないということが挙げられます。

具体例)
ローンが残っている車が、自然災害による水没等で廃車にしたい場合

同じディーラーから新しく車を購入する際に、廃車にしたい車のローン残額と新しい車のローンを合算する、ローン組み換えをしてもらうという方法です。

つまり、新しく車を買うことで新たにローンを組みますが、この中に廃車にしたい車のローン残額を組み込んでもらい、継続して返済していくという考え方です。

ディーラー側からこの方法を了承してもらえれば、使用することのできなくなった車の所有権を解除してもらうことができ、さらには新しい車に乗り換えることも可能になります。

ただし、毎月のローンの支払金額はこれまでよりも増幅しますので、きちんとした支払い能力を提示できるかどうかが大切なポイントになります。

 

自動車税事務所に相談

ローン残額の一括返済や、ローンの組み換えもできず、ディーラーからの所有権解除が望めない場合、車は廃車状態で使用できないにも関わらず、毎年自動車税を支払わなければならないというデメリットが生じてしまいます。

そんな時は、自動車税事務所に相談するのも一つの手です。廃車手続きができないような場合でも、車を事前に解体し、解体証明書を各都道府県が管轄している自動車税事務所に提出し相談すれば、自動車税の納税義務を停止してもらえる可能性があります。ただし、過去に滞納をしていないということが大前提です。

 

まとめ

ローンを組んで車を購入する際に、所有者のことまで意識しない方も多いため、返済が済んでからも所有者を変更せず、そのままにしている人も少なくないようです。

ある日突然、廃車にしなくてはいけない状況になってしまったとき、所有権解除に手間取ることも考えられますので、この機会に車検証を取り出して、所有者が誰になっているか確認しておくといいですね。

また、これからローンで車の購入をお考えの方は、廃車にする際の条件なども訊ねておくことをおすすめします。

関連する人気のおすすめ記事

2021年5月12日
名義変更できない車を廃車にするには?ケース別の対処法とは?名義変更できない車を廃車にするには?ケース別の対処法とは?
名義変更できない車を廃車にするには、所有者が家族や知人である場合は同意を得たり、ディーラーやローン会社である場合……
こんなとき、廃車にするには?

2021年5月12日
水没車を高く買取してもらうコツとは?業者選びのポイントについて
水没車を高く買取してもらうコツとは、複数の業者を比較して選ぶことにあります。 そこで今回は、水没車を買取し……
こんなとき、廃車にするには?

2021年5月12日
車の処分にかかる費用とは?お得&手軽な処分方法とは?
車の処分にかかる費用とは、解体や運搬にかかる費用の他にも、リサイクル料金や書類作成にかかる費用も挙げられます。車……
こんなとき、廃車にするには?

NGP廃車王

0120-86-8140

電話受付 9:00~22:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

廃車手続き無料で代行!レッカー引き取り無料

0120-86-8140

無料査定

メニューを閉じる