ローンが残っている車の廃車

2020年2月25日 こんなとき、廃車にするには?

車をローンで購入するとき、所有者は誰になっているか、あまり意識しないものですが、ローン(残債)が残っている車を廃車にするには、この『車の所有者』が重要になってきます。
車の所有者が自分か、自分以外の場合かによって、廃車にできるかどうかが変わってくるためです。

車検証の『所有者の氏名又は名称』の欄に記載されている名前が、その車の所有者です。
ローンで購入した場合には、自分の名前ではなくディーラーやローン会社の名前になっていることがありますので、まずは車検証を確認してみましょう。

 

所有者が自分以外(ディーラーやローン会社)の場合

所有者が自分以外の場合には、所有権が他にありますので、当然のことながら勝手に廃車にすることはできません。
まずは所有者名義を変更する必要があります。
これを所有権解除といいます。

通常ローンを完済していれば、問題なく所有権解除の手続きに進むのですが、ローンが残っていると所有権解除は難しくなります。

ローンの残額を一括返済できる場合

ローンの支払いが残っているため、所有権譲渡できないのですから、ローン残額を一括返済すれば、ほとんどの場合、所有権解除の手続きを行ってくれるでしょう。
所有権解除の手続きをディーラーが行ってくれるところもありますので、以後の手続きの流れを確認してください。

ローンの残額を返済できない場合

買ったばかりで多額の残債がある場合など、一括返済が難しいときは、ローン会社やディーラーに事情を説明し、相談してみるしかありません。
事故や災害などに遭い、もう廃車にするしかない状況であれば、所有権を解除してくれることもあります。
『車両は解体する』『残債は支払う』ことを条件に承諾してくれるような場合もありますので、初めから無理だと交渉しないのではなく、しっかり事情を説明することが大切です。

どうしても残額完済しなければ所有権解除を認めてくれない業者さんの場合は、どうしようもありません。
所有権のない車の廃車は行えないのです。

 

所有権が自分の場合

同じローンでも、銀行系ローンの場合、通常所有権留保はなく、所有者は自分の名前になっていることがほとんどです。
この場合は、当然ローンの支払いは残りますが、自分の意思で廃車にしても売却しても何も問題もありません。

 

ローンを組むとき、所有者のことまで意識しない方も多いため、完済しても所有者はそのままにしている人も少なくないようです。
急に廃車にしなくてはいけない状況が訪れたとき、所有権楷書に手間取ることも考えられますので、この機会に車検証を取り出して、所有者が誰になっているか確認しておくといいですね。

また、これからローンで車の購入をお考えの方は、廃車にする際の条件なども訊ねておくことをおすすめします。

もし、ガレージに使わない車が眠っていたり、故障して動かない車の処理にお困りの時は、廃車王にご相談ください。
もう動かせないような不動車でも廃車王が原則無料でお引き取りに伺います。
また、面倒な手続きも廃車王が代行いたしますので、お気軽にご相談ください。

自動車リサイクル法に定められた引き取り業、解体許可を持つ全国150店舗の廃車王があなたのお車を高価買取いたします。

関連する人気のおすすめ記事

2020年2月26日
家族の代わりに廃車にするには
ご家族名義の車を、ご家族に代わって廃車にするには、どんな手続きが必要でしょうか。 ご家族でも、知人でも、他人が車の名義……
こんなとき、廃車にするには?

2020年2月25日
自動車税を支払っていない車の廃車
廃車にしなくてはいけない車があるけれど、自動車税を支払っていないからという理由で動かない車を放置し続けていませんか? ……
こんなとき、廃車にするには?

2020年2月25日
他人名義の車の廃車
車検証には『所有者』と『使用者』の欄があります。普段はあまり意識しないことですが、車を廃車にするときには、所有者と使用者……
こんなとき、廃車にするには?

NGP廃車王

0120-86-8140

電話受付 9:00~22:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

廃車手続き無料で代行!レッカー引き取り無料

0120-86-8140

無料査定

メニューを閉じる