自動車税を支払っていない車の廃車

2020年2月25日 こんなとき、廃車にするには?

廃車にしなくてはいけない車があるけれど、自動車税を支払っていないからという理由で動かない車を放置し続けていませんか?
自動車税は自動的に引き落とされるものではなく、車の所有者あてに届く納税通知によって税金を納めるため、うっかり未払いということも……。

しかし、意外なことに自動車税が未払いでも廃車にすることが可能な場合もあります。
以下のことに注意して、早めに廃車手続きを行いましょう。

車検でわかる自動車税の滞納

車検のときの必要書類のひとつとして、自動車税の納税証明書があります。
納税証明書の紛失は再発行を行うことで車検手続きができますが、未払いの場合は車検証の発行はできません。
うっかり忘れていた、というような場合は次回車検のときに税金と延滞金を合わせて納めるようになります。

廃車にする車の自動車税未納は、車検にも通さないような不要な車によくありがちです。税金を滞納していれば督促状は届いているはずですので、必ず確認するようにしておきましょう。

 

自動車税未払いの車の廃車

いずれの税金についても、納税義務を逃れることはできません。車を廃車にしたからと言って自動車税を支払わなくて良いことにはならないのです。

廃車手続きが完了した後、通常1~2ヵ月後に延滞金を加算された未払い分の納税通知が届きます。
支払わない場合には財産の差し押さえなどの措置を取られることになります。税金はどこかで支払わなくてはならないことを認識しておきましょう。

自動車税を2年以上滞納しているときには、嘱託保存という措置を取られ、廃車にできない場合があります。
心当たりのある人は予め税務署に相談することをお勧めします。

どうしてもお金に余裕がないときは、税金を分納できることもあります。
緩和措置を活用するなど、滞納を放置せず納税のためにできることを行いましょう。

面倒な廃車手続きは廃車買取業者へ

廃車手続きは人生で何度も経験することではありません。
自分で廃車にしようとしても、車検証が紛失していたり、自動車税を滞納していたり、予期せぬ事態が起こってしまうと、ただでさえ面倒な手続きが更に複雑化してしまいます。
このような時は、廃車買取業者に相談することをお勧めします。
廃車買取業者は不要な車を高価買取してくれるだけでなく、廃車の手続きを無料で代行してくれます。
廃車のプロですから、どんな状態のお車でも廃車のための的確なアドバイスを受けることができるのです。

 

もし、ガレージに使わない車が眠っていたり、故障して動かない車の処理にお困りの時は、廃車王にご相談ください。
面倒な手続きは廃車王が代行いたしますので、お気軽にご相談ください。
公道を走れない車や不動車は原則無料でお引き取りにまいります。

自動車リサイクル法に定められた引き取り業、解体許可を持つ全国150店舗の廃車王があなたのお車を高価買取いたします。

関連する人気のおすすめ記事

2020年2月26日
家族の代わりに廃車にするには
ご家族名義の車を、ご家族に代わって廃車にするには、どんな手続きが必要でしょうか。 ご家族でも、知人でも、他人が車の名義……
こんなとき、廃車にするには?

2020年2月25日
他人名義の車の廃車
車検証には『所有者』と『使用者』の欄があります。普段はあまり意識しないことですが、車を廃車にするときには、所有者と使用者……
こんなとき、廃車にするには?

2020年2月25日
県外ナンバーの廃車
県外へ引っ越すことが決まったら、住所が変更された日から15日以内に変更登録申請を行う必要があります。 では、変更登録申……
こんなとき、廃車にするには?

NGP廃車王

0120-86-8140

電話受付 9:00~22:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

廃車手続き無料で代行!レッカー引き取り無料

0120-86-8140

無料査定

メニューを閉じる