水没車も高価買取り!不要な車の廃車は、あなたの町の廃車屋さん《廃車王》におまかせください!

水没・冠水した車、まだ乗れる?

日本は自然豊かな美しい国ですが、同時に自然災害が多発しやすい国でもあります。特に近年は地球規模 での自然環境の変化により、ゲリラ豪雨や大型台風が多発し、浸水被害も他人事ではありません。浸水被 害は土地や建物だけでなく、車にも及びます。

車は様々地域を走行しますから、土地や建物よりも浸水被害に遭う確率が高いと言えるかもしれません。

もし、愛車が水に浸かってしまったら?

浸水度合や車の状態によりパーツの取替えなどで乗り続けられ
たり、下取りに出せる場合もありますが、残念ながら水没車は
廃車にした方が良いケースがほとんどなのです。

『どこまで水に浸かってしまったか』が重要

水溜りの上を走っても大丈夫なように、タイヤが浸かる程度なら殆ど問題はありません。オフロード仕様の渡河性能を重視した4輪駆動車などは、ある程度の水深にも耐えられます。

しかし、スピードを出して走行した場合、水が跳ね上がり、エンジンルームなどに侵入することがありますので、できるだけゆっくり走行してください。

一般的には、マフラーの排気口、バンパーの下面あたりまで浸水してしまうと車に何らかの影響が出ると言われています。最近の車はエンジンをはじめ、ほとんどの重要箇所が電子制御されていますので、水の侵入に非常に弱いのです。

どこまで浸かったのか分からない、という場合は、ダッシュボードの車検証なども目安になります。紙が波打っていたり、ふやけていればダッシュボードまで水に浸かったと考えられます。

修理代を自動車保険で補えるかどうか

車の保険には、車に乗るために必ず加入しなければならない自賠責保険(強制保険)と、自賠責保険だけではカバーし切れない部分を補償する任意保険があります。

自賠責保険は、交通事故被害者の救済を第一の目的とした保険ですので、水没した車の修理は補償されていません。任意保険は様々なプランがありますので、ご自分の加入しているプランは修理代がどれくらい出るのかを確認しましょう。

修理代が保険で補えない場合は、自己負担となります。その車にあとどれくらい乗り続けられるのか、経過年数と走行距離をふまえて検討することが大切です。

水没車特有のダメージ

事故車の場合、車の基本骨格の部分まで修理・補修したものは『修復歴車』となります。 基本骨格まで傷んでいると、100%元に戻すのが難しく、しっかり修理をしていても後々どこかに不具合 が生じる可能性があるということです。

水没車の場合は『冠水歴車(浸水車・水被害車)』となり、下取り時には修復歴車よりも嫌われる傾向に あります。

冠水車は、外見に損傷が出にくいため、修理個所の判別が難しいとも言えます。特に海水に浸水した場合 は金属の腐食が危惧されます。 金属腐食は徐々に進行しますので、いつ不具合が発生するか分からない大 きな不安要素となります。中古車として販売しても買い手が極端に少なくなるため、思うような下取り金 額にならないのです。

また、水没車は独特の臭いが残ります。ルームクリーニングと消臭代金に何万円もかかることもあります。

車がシートまで浸水してしまったような冠水車なら、水没車でも買い取ってくれる廃車王に査定依頼してみましょう。

廃車王は事業協同組合として経済産業大臣の認可を受けた
「NGP日本自動車リサイクル事業協同組合」
組合員です。
全国150店舗の中から、お近くの廃車王がご相談からお引き取り、
廃車手続き、保険や税金の処理など一貫してサポートします。
廃車王なら、質問・相談・査定は無料、査定後のお申し込みをいただいた場合は、お引き取り・廃車手続き(原則無料※)など責任を持って承ります。

また、面倒な手続きも廃車王が代行いたしますので、お気軽にご相談ください。

自動車リサイクル法に定められた引き取り業、解体許可を持つ全国150店舗の廃車王があなたのお車を高価買取いたします。

※車輌保管場所が狭い又は対応エリア外(離島含む)で引取が困難な場合は、レッカー業者を利用して別料金を頂く、またはお断りさせていただく事があります。

水没車も高価買取り!不要な車の廃車は、あなたの町の廃車屋さん《廃車王》におまかせください!