事故車のデメリットとは?購入前にチェックするべきこと

2022年1月6日 車のあれこれ

事故車のメリット・デメリットには、安価に購入できて気兼ねなく乗ることができる反面、故障する可能性があり、修理費用がかかってしまうことなどが挙げられます。

このような特徴がある事故車を購入する際は、いくつかのポイントをチェックしておくことがが大切です。

今回は、事故車を購入する具体的なメリット・デメリット、そして事故車を購入する際にチェックしたいポイントをご紹介します。

 

事故車とは?

事故車とは、単に事故を起こしたことのある車という意味ではありません。その定義は「財団法人日本自動車査定協会」「一般社団法人自動車公正取引協議会」「一般社団法人日本中古自動車販売協会連合会」によって定められており、車の一定のフレーム部分を修理または交換している車を指します。

そのため、外装パーツを修理・交換している車は事故車に含まれません。この点が購入者にとって紛らわしく、認識のズレからトラブルに繋がることもあります。

 

事故車を購入するメリット・デメリット

では、事故車を購入するメリット・デメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。購入する前にチェックしておきましょう。

 

メリット

事故車を購入するメリットは低価格で購入できることが挙げられます。予算を抑えて車を手に入れたい方にとっては大きな魅力です。

ただし、車種や車両状態によっては必ずしも格安で販売されているとは限りません。事故車でもそれなりの価格で販売されているケースもあります。

ほかのメリットとしては、安価であるため気兼ねなく乗ることができることです。運転に自信のない方や免許を取ったばかりの方に最適と言えます。

 

デメリット

強い衝撃を一度受けている事故車は、故障するリスクがある点がデメリットです。予想外の出費は大きな負担となってしまいます。

事故車は強度が落ちている可能性もあるため、事故車でない車よりも安全面が劣ることも考えられます。見た目だけで判断しにくいのが難点です。

また、事故車を売却する場合には査定額にマイナスの影響が出ることもあります。事故車であることを隠すことは難しく、日本自動車査定協会で定められている査定基準に準じて減点されることは避けられません。

 

事故車を購入する際にチェックすべきこと

事故車を選ぶ際は、デメリットを考慮したうえで信頼できる業者から購入することが大切です。大手の業者であればアフターサービスも充実しています。

また、事故車は見た目からは気づけない不具合が隠れている可能性があるため、購入前に試乗することをおすすめします。試乗時に「まっすぐ走行するか」「異音がしないか」「電装品は正常に作動しているか」などは確実に確認しましょう。

 

事故車を見分けてデメリットを回避

事故車購入には気兼ねなく乗れるというようなメリットがあるものの、できるだけ事故車を避けて格安の車を購入するのが理想的です。

車を購入した後に故障やトラブルなどを回避する方法はあるのでしょうか。ここからは、事故車を見分けるポイントについてご紹介します。

 

中古車販売店スタッフに質問する

一部の中古車販売店では、告知義務とされている情報のみ公開している場合があります。自分が知りたい情報の開示は、聞かない限り教えてもらえないことが一般的です。

そのため、気になる不安点や疑問点は販売店スタッフに直接質問することが重要となります。信頼できる業者であれば親切に答えてくれるでしょう。

 

修復歴の開示を要求する

車の販売業者には、車両に修復歴があるかないかを表示する義務があります。この修復歴とは「車の『骨格部分』を修正・交換した車」と定められているため、事故歴は含まれていません。

そのため、事故歴については告知義務がないので注意しましょう。見た目と価格とのバランスにおいて不安を覚える場合には、査定表を見せてもらうのがおすすめです。査定表を快く見せてくれる業者は、信頼できると判断できます。

また、年式や走行距離のわりに販売価格があまりにも安い車は、事故車の可能性が高いと言えます。

 

ボディに隙間がないかチェックする

事故車・修復歴車と呼ばれる車は、車の走行性能に大きな影響を与える骨格部分を修復しています。そのため、一度ゆがむと外装パーツに不自然な隙間が生じます。

購入予定の車は写真だけでなく、実際に実物を見るようことが大切です。車から離れて全体をチェックし、ボンネット・フロントフェンダー・トランクなどの隙間具合、チリ合わせなどを確認しましょう。

 

事故車を高く売却するなら廃車王にお任せ!

事故車のデメリットを把握したうえで納得できる車が見つかれば、購入して気兼ねなく乗り続けられます。しかし、買い替える際には査定が付かないケースがあるため、廃車買取査定を利用しましょう。

廃車買取専門店の廃車王では、事故車をはじめボロボロの車であっても買取・引き取りが可能です。原則無料でお客様の指定場所まで引き取りに伺います。

事故車のような車でも、車そのものではなく部品・アルミ・鉄といった資源に値段が付くため、原則0円以上で買取可能です。面倒な廃車手続きもすべて代行いたします。

 

まとめ

事故車は安価に購入できる半面、不具合が生じる可能性があります。そのため、デメリットをきちんと把握したうえで購入することが重要です。事故車を避けるためにも、乗り心地や走行性能、見た目に違和感がないかなどを確認しておきましょう。

事故車を買い替え・廃車をお考えの際は、廃車王にお任せください。お電話やメールから無料査定も可能ですので、お気軽にご利用ください。

この記事の監修者

廃車王編集部

廃車の高価買取サービスを提供する廃車王の編集部です。
廃車王では廃車や事故車を高値で売るためのノウハウや、廃車に関連する手続きなど知るとオトクな情報を幅広く掲載しており、 皆さまの廃車に関する不安や悩みを長年培ったノウハウや知識で解消いたします。

関連する人気のおすすめ記事

2022年1月9日
廃車になりやすい車種はスポーツカー?維持費も高くて割高?
走行性能が高いスポーツカーは軽快な走りを楽しめるのが魅力です。しかし、スポーツカーは廃車になりやすいことをご存じ……
車のあれこれ

2022年1月9日
水没車は修理できる?費用の目安と廃車の判断基準は?
予期せぬ自然災害などで車が水没してしまった場合、修理をすることができるのでしょうか。答えは「修理できる」です。 ……
こんなとき、廃車にするには?

2022年1月9日
車を廃車にする時に保険はどうする?手続き方法と必要書類を解説
車両の保有に必要不可欠なのが、自賠責保険や任意保険です。万が一の事故に備えて車の購入時に加入する人が多い保険ですが、……
廃車Q&A

2022年1月8日
廃車に印鑑証明はいらないの?用意する際の3つの注意点
廃車を検討している方のなかには、廃車時に印鑑証明書は必要なのかと疑問に感じている方もいらっしゃるのではないでしょ……
廃車の手続き・書類

2022年1月8日
軽自動車の廃車で還付金はある?受け取る条件やポイントを解説!
軽自動車は普通自動車と同様で、維持していくためには自動車税や自賠責保険料を決められた期間ごとに支払う義務があります。……
廃車と税金

NGP廃車王

0120-86-8140

電話対応満足度90.4%!

電話受付 9:00~22:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

廃車手続き無料で代行!レッカー引き取り無料

0120-86-8140

無料査定

メニューを閉じる