自己破産による車への影響とは?没収される基準・没収を防ぐための方法とは?

2021年12月10日 車のあれこれ


自己破産による車への影響とは、資産である車が没収される可能性があったり、様々なローンを利用できなくなることなどが挙げられます。

特に、生活していく上で車が必要不可欠である場合、自己破産によって車を没収されることは避けたいものですよね。

そこで今回は、自己破産によって車が没収されるケースや、没収されずに済むための対処法についてご紹介していきたいと思います。

 

自己破産によって車が没収されるケース・されないケース

自己破産することによって車が没収されてしまうケースは、ローンの有無や車の価値によって異なります。

 

ローンが残っている

自動車ローンが残っている場合、自己破産すると車を手元に置いておくことができません。 なぜなら、ローンが残っている場合の車の持ち主はローン会社となっているからです。

ローン会社は、その車のローン返済が不可能な状態になった場合に売却できる担保権を持っていることから、自己破産となった場合には車を売却してその代金を債務の支払いに充てるのです。

 

ローンがなく車の価値が20万円以下

ローンの返済を終えている場合、その車は本人所有の財産とみなされます。

ただし、処分対象となるのは車の価値が20万円以上である場合となりますので、車の価値が20万以下である場合には、自己破産しても手放す必要はありません。

 

ローンがなく車の価値が20万円以上

ローンの支払いを終えていても、車の価値が20万円以上である場合には、自己破産によって車を没収されてしまいます。 とは言っても、一定の条件においてはローンがなく車の価値が20万円以上であっても没収されないケースもあります。

例えば、車の価値分のお金・他の財産を手放す場合や、生活苦であるなどの場合には、車を手放さないことを裁判所が許可してくれる場合があるのです。

 

自己破産で車を没収されないための対処法


では、自己破産で車を没収されないためにはどのように対処したらいいのでしょうか?

 

第三者がローンを返済する

ローンが残っている場合は自己破産すると車を没収されてしまいますが、第三者弁済という形で他の人が代わりに支払うことで、車を手元に残すことが可能です。

ただし、ローンを完済した時点でその車は本人所有のものとなるため、車の価値が20万円以上である場合には、処分対象の財産となる可能性もあります。

 

自己破産以外の方法を選ぶ

自己破産ではなく、他の債務整理の手続きを選択することで、車を手元に残せる可能性があります。

債務整理には、自己破産以外にも個人再生や任意整理といった手続きがありますので、車を手放したくない場合には検討してみましょう。

・任意整理:借金額や返済方法について交渉し、和解契約を締結する手続きです。
・個人再生:借金額を5分の1程度に減額できる可能性のある手続きです。

 

自己破産によるその他の車への影響

自己破産による車への影響は、車自体以外にも下記のようなことが挙げられます。

・自動車ローンを組めなくなる
・ETCカードを使用できなくなる
・車検のローンを使用できなくなる

自己破産に限らず、債務整理を行うと信用情報に事故情報として登録されるため、新たな借り入れやローンを組むことができなくなります。

また、信用情報に事故情報が登録されることで、ETCカードや車検のローンも使用もできなくなります。

 

まとめ


今回は、自己破産によって車が没収されるケースや、没収されずに済むための対処法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

自己破産を検討している場合、できるだけ車への影響が出ないようにする方法を弁護士などの専門家に相談してみることも大切です。相談費用が気になる場合は、無料相談や法テラスなどの利用をおすすめします。


 

関連する人気のおすすめ記事

2022年1月9日
廃車になりやすい車種はスポーツカー?維持費も高くて割高?
走行性能が高いスポーツカーは軽快な走りを楽しめるのが魅力です。しかし、スポーツカーは廃車になりやすいことをご存じ……
車のあれこれ

2022年1月9日
水没車は修理できる?費用の目安と廃車の判断基準は?
予期せぬ自然災害などで車が水没してしまった場合、修理をすることができるのでしょうか。答えは「修理できる」です。 ……
こんなとき、廃車にするには?

2022年1月9日
車を廃車にする時に保険はどうする?手続き方法と必要書類を解説
車両の保有に必要不可欠なのが、自賠責保険や任意保険です。万が一の事故に備えて車の購入時に加入する人が多い保険ですが、……
廃車Q&A

2022年1月8日
廃車に印鑑証明はいらないの?用意する際の3つの注意点
廃車を検討している方のなかには、廃車時に印鑑証明書は必要なのかと疑問に感じている方もいらっしゃるのではないでしょ……
廃車の手続き・書類

2022年1月8日
軽自動車の廃車で還付金はある?受け取る条件やポイントを解説!
軽自動車は普通自動車と同様で、維持していくためには自動車税や自賠責保険料を決められた期間ごとに支払う義務があります。……
廃車と税金

関連キーワード

NGP廃車王

0120-86-8140

電話対応満足度90.4%!

電話受付 9:00~22:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

廃車手続き無料で代行!レッカー引き取り無料

0120-86-8140

無料査定

メニューを閉じる