夏の暑さによる車の故障

2020年2月26日 車のあれこれ

私たちは熱中症や日射病など、暑い夏特有の病気に気をつけなくてはならないように、車も暑い夏だからこそ発生しやすいトラブルがあります。
定期点検を注意深く行ったり、回数を増やすなどして、トラブルを未然に回避するよう心がけましょう。
また、どんなところにトラブルが発生しやすいか事前に知っておくことで、万一故障が起こっても、慌てずに最善の対処ができるのではないでしょうか。

 

エアコンの故障

夏のトラブルで一番多いのがエアコンの故障です。夏にしか使わないため、いざ必要になったときに初めて不具合に気付くというのも理由の一つです。
夏本番になる前に、クーラーの効きをチェックしておくようにしましょう。

エアコントラブルの原因は様々です。
よく言われるのはエアコンガスの不足ですが、基本的にはほとんど無くなることはありません。また、劣化するようなものでもありませんので、エアコンガスの充填や交換については、信頼できる整備工場やディーラーで行うのが安全です。

しかし、古くなるほど部品は劣化していきますので、そこからガスが抜けていくことは十分に考えられます。
自分で補充することもできなくなありませんが、ガスが抜けてしまう原因を究明し、修理しなくてはならないのですから、プロに依頼した方が賢明です。

バッテリー上がり

バッテリーは寒さに弱いため、バッテリー上がりのトラブルは冬に起きることが多いのですが、夏に使用するエアコンが電気を大量に消費するため、弱ったバッテリーに大きな負荷をかけてしまい、バッテリー上がりの原因となります。

バッテリーの交換時期は使い方や走行距離にもよりますが、2~5年が目安となります。
日常できるメンテナンスはバッテリー液の点検。
バッテリー液の補充は誰でも簡単にできますので、不足しないよう整備しておきましょう。
バッテリー液の減りが早い、液漏れしているなどはバッテリー交換のサイン。
特に一度バッテリー上がりを起こしてしまったバッテリーはダメージが大きいため、使えなくはありませんが、交換してしまった方が安心です。

最近では、スマホ充電器がジャンプスターター(車のエンジンをかけるための予備バッテリー)になるようなものもありますので、もしものために用意しておくと便利です。

オーバーヒート

オーバーヒートの主な原因は冷却水の漏れや詰まりです。
エンジンを十分に冷やすことができずに、冷却水の温度が上がりすぎてしまい、エンジントラブルを起こします。
エンジン自体が故障して発生した異常な熱を、冷却水では冷やしきれずにオーバーヒートすることもあります。

オーバーヒートは、水温計の針の振れ方や、警告灯により発見できます。
気が付かずに走行を続けると、ラジエーターキャップから高温の蒸気がでるなど、走行不能になります。
こうなると、エンジンに大きなダメージを与えてしまいますので、夏場のドライブは水温計にも注意を払って走行しましょう。

 

室内温度高温によるトラブル

真夏に車を運転しようとハンドルを握ると、とても暑くて持てなかったという経験はありませんか?
炎天下の車内は50℃を超える暑さ。日差しの直接当たるハンドルやダッシュボードはもっと高温になります。

ここで気をつけたいのが、車内の装備品です。
密封の炭酸飲料やガスライター、スプレー缶などは爆発の危険がありますので、放置しないようにしなくてはなりません。
また、CDケース・メガネ等プラスチック製品の変形、PCの故障などのトラブルも考えられます。

炎天下の車の中は灼熱地獄だと理解して、車内の持ち込み品に気をつけたいものです。

 

車の整備・点検を丁寧に行うことで、大切な愛車と長く付き合うことができます。
車の役目を十分に果たし、廃車になるまで安全・快適なカーライフをお過ごしください。

もし、故障して動かない車や、10万km超えの過走行車、処分したい車があれば、廃車王にご相談ください。
永久抹消登録、解体抹消が必要な車なら、もう動かせないような不動車でも廃車王が原則無料でお引き取りに伺います。
また、面倒な手続きも廃車王が代行いたしますので、お気軽にご相談ください。

自動車リサイクル法に定められた引き取り業、解体許可を持つ全国150店舗の廃車王があなたのお車を高価買取いたします。

関連する人気のおすすめ記事

2020年2月26日
運転免許自主返納について
高齢者の交通事故は年々増える傾向にあります。これは、加害者側としての事故が増加していることが大きな要因となっています。 ……
車のあれこれ

2020年2月26日
ネットオークションで車を買う時の注意点
インターネットの発達につれ、『遠距離』は売買のデメリットではなくなりました。そして、メーカーやバイヤー、仲介業者を介さず……
車のあれこれ

2020年2月26日
自動車リサイクル券って?
日本のクルマ文化は加速的に広がり、今や1家に1台どころか、2台・3台という家庭もめずらしくありません。 便利な交通手段……
車のあれこれ

NGP廃車王

0120-86-8140

電話受付 9:00~22:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

廃車手続き無料で代行!レッカー引き取り無料

0120-86-8140

無料査定

メニューを閉じる