運転免許自主返納について

2020年2月26日 車のあれこれ

高齢者の交通事故は年々増える傾向にあります。これは、加害者側としての事故が増加していることが大きな要因となっています。
年を重ねるにつれ運動能力は低下していきますが、自動車の運転は激しい運動を行う訳ではないため、運転能力の低下には気づきにくいのかも知れません。

そこで、警視庁や各道府県警は、高齢者に向けて運転免許自主返納の呼びかけを行うようになりました。

 

運転免許自主返納とは

『運転に自信がなくなった』『家族が心配するので』などの理由により、運転免許証の有効期間中に自主的に免許証を返納するのが、運転免許自主返納です。

死亡事故の件数は年々減少している反面、75歳以上の高齢者が運転していた死亡事故の割合は急激に増加しています。
高齢による身体能力、判断力の低下、また認知機能の低下など、年を重ねるに連れ、自動車を運転するのは困難になっていきます。

車線のはみ出し、標識の見落としなど、事故には至らないもののヒヤッとする場面が増えたという心当たりがある方は、大きな事故を起こしてしまう前に、運転免許の自主返納を検討するべきでしょう。

 

高齢者向けの交通制度

高齢者の運転に対し、問題解決のため様々な制度が設けられています。

平成23年に導入された高齢運転者標識(高齢運転者マーク)は、70歳以上で加齢に伴つて生ずる身体の機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがある場合には、この標識をつけて普通自動車を運転するように努めなければならない、と道路交通法で定められています。

また、認知症ドライバーの増加により、75歳以上の方の免許更新時には高齢者講習の受講とともに講習予備検査の受検が義務付けられました。
講習予備検査とは、『時間の見当識』『手がかり再生』『時間描画』の3つの検査により、自分の判断力・記憶力の状態を認識するための検査です。

この検査結果が免許更新に直接影響することはありません。しかし記憶力・判断力が低くなっていると診断された方は、信号無視や一時不停止などの基準行為が確認された場合、臨時適性検査(専門医の診断)を受け、認知症と診断された場合は運転免許の取り消しまたは停止になります。

 

運転免許自主返納の現状

運転免許証は身分証明書として利用されることが多く、手放すと不便になるという理由から返納に踏み切れないという方のために、返納後発行され身分証明書としても利用できる運転経歴証明書が生涯有効化され、高齢ドライバーの返納が増加しています。

また、地方自治体も独自制度を設け、サポート企業に運転経歴証明書を提示することで割引などの特典が受けられるシステムを導入しています。

しかし、自分から運転免許を返納するのは勇気の要ることです。ご家族や周囲の説得は欠かせません。
また、都市部で増加する返納率に比べ、地方ではほとんど変化が見られないことから、交通機関の整っていない山間部では自動車が唯一の交通機関となっているため、手放すことができない状況が伺えます。

運転免許自主返納制度は、公共交通機関の整備や、高齢者の交通費補助なども視野に入れて進めていく必要がありそうです。

 

運転免許自主返納により、不要になったお車はございませんか?
動かない車や、処分にお困りの不要な車をお持ちなら廃車王にご相談ください。
その廃車を無料でお引き取りにお伺いし、高価買取いたします。
しかも面倒な廃車手続きまで無料で代行!ラクラク古い車を処分できます。

自動車リサイクル法に定められた引き取り業、解体許可を持つ全国150店舗の廃車王があなたのお車を高価買取いたします。

関連する人気のおすすめ記事

2020年2月26日
ネットオークションで車を買う時の注意点
インターネットの発達につれ、『遠距離』は売買のデメリットではなくなりました。そして、メーカーやバイヤー、仲介業者を介さず……
車のあれこれ

2020年2月26日
自動車リサイクル券って?
日本のクルマ文化は加速的に広がり、今や1家に1台どころか、2台・3台という家庭もめずらしくありません。 便利な交通手段……
車のあれこれ

2020年2月26日
オーバーヒートの対処法
車のエンジンは凄まじい勢いで回転し、エネルギーを生み出しています。 通常は冷却システムによりエンジンの温度が上昇しすぎ……
車のあれこれ

NGP廃車王

0120-86-8140

電話受付 9:00~22:00
上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

廃車手続き無料で代行!レッカー引き取り無料

0120-86-8140

無料査定

メニューを閉じる